Maiko Kamata

メーカー研究所勤務。マーケティング・リサーチを中心にエスノグラフィ、ファシリテーション、コンサルティングがメイン業務。2年のラテンアメリカに滞在経験あり。スペイン語レベルはDELE B2。日本にはあまり馴染みない、だけど、ダイナミックでビビッドなラテンアメリカの今をお伝えします。グローバル・ボイス日本語では、元リングア・エディタ代理(現在はサポート)。トライアルチームにも参加しています。

Eメール Maiko Kamata

最新の記事 Maiko Kamata

この記事を読む。

キューバ:変わらない経済と政治

  2012/08/01

社会主義国キューバでは、個人事業者の復活を促す改革が行われている。このような経済改革が政治的改革をももたらすのか、ブロガーたちが見守っている。

この記事を読む。

インターネットの自由宣言

GV アドボカシー  2012/07/25

先日、「インターネット自由宣言」が発表された。近年、インターネットの自由を脅かしかねない法案や協定が世界中で話題になっている。これを受け、インターネットの自由とオープン性を求める団体が団結して本宣言を策定した。これまでに1300以上の団体や企業が署名し、現在もその数は増え続けている。

この記事を読む。

ラテンアメリカ再発見の旅

あるラテンアメリカ旅行ブログでは、寄稿者自身が現地を訪れ、主要メディアでは取り上げられにくい様々な側面を、現地から伝えている。ここまでの旅の概要を振り返ってみよう。

この記事を読む。

メキシコ:#YoSoy132、「メキシコの春」の始まりか?

5月11日金曜日、制度的革命党(PRI)の大統領候補、Enrique Peña Nieto氏がイベロアメリカ大学の学生との公開討論会に出席した。討論会は、学生が大統領候補をたびたび非難するという特異なものであった。この訪問に関するメディア報道は、爆発的なエネルギーとなり、まずソーシャル・メディアで放出され、今ではメキシコ主要都市の道々に溢れ出ている。