See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

レバノンの移民労働者を搾取から守るキャンペーン

レバノンで問題になっているKafala(後援)制度を糾弾する目的で、7つの民間非営利団体(NGO)が社会問題省と共同で近日「Fi Chi Ghalat(何かが間違っている)」キャンペーンを立ち上げた。

この制度のあり方はかなり単純なものだ。全ての「単純労働者(家庭労働者)」は国内に彼らのビザと法的身分の責任を持つ後援者を持たなければならない。多くの場合この後援者が彼らの雇用者でもある。国際労働機関のシメル・エシム上級技術専門家によれば、この制度の(後援者への)完全な依存性によって「強い脆弱性を 作り出し、搾取への扉を大きく開く」この制度によって、長年に渡り多くの犠牲者が生み出されている。。

実際にヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)のレバノンにおける上級調査員、ナディム・アウリー氏は言う

移民労働者の死亡原因の上位2つは自殺と雇用者から逃亡する際に死亡することです。

レバノンにおける状況は依然として深刻だ。AltCityとMigrant Workers Task Forceの統計によれば移民労働者のうち99パーセントが行動の自由が奪われ、65パーセントが1日に11時間以上の労働を課され、52パーセントがHmara(ロバ)などの蔑称で呼ばれ、34パーセントが休みを与えられず、31パーセントが家をでることも許されず、14パーセントが身体的虐待を受け、7パーセントが性的虐待を受けている。

このキャンペーンは身体的、性的な虐待を受けている移民労働者のためのKAFA24時間年中無休の電話相談サービス「Enough Violence andExploitation(暴力と搾取はもうたくさん)」 (電話番号7690910)、レバノンのビーチで起こっている人種差別に対する反人種差別のキャンペーン、そして虐待の事例を持続的に報告している「Ethiopian Suicides(エチオピア人の自殺)」に続いて発足した。

これらの団体が訴えているものはなんだろうか。 Migrant-Rights.orgがその答えを示している。

これらの団体はこの後援者制度を以下の保証を伴う枠組みへと変更することを呼びかけている。

給与を期日通りに受け取る権利
仕事を辞める権利
パスポートと所持品を自分で所有できる権利
福祉、人権、労働者の権利を持つ権利
家の外での休暇を含めた休憩時間の権利。

このキャンペーンは一般住民と政府の両方を対象にしている。 [ar]:

لازم يتغير القانون وعقلية العالم وهيدا ببلش من الشخص وبعدين الحكومة. لازم نغير نظام الكفالة!

法律とメンタリティの両方が変わる必要がある。その変化はまず個人から始まりそして政府へと続く。絶対にKafala制度を変えなければならない。

そしてネパール人の移民労働者によるこのキャンペーンのフェイスブックページが我々に 再認識させる。何かが変わらなくてはならない。

十分な食事すら取れませんでした。時にはパンと水だけ。パンと水だけで一日中働きました。 給与を満額支払うように求めたし、奥様の友達や親戚の所でまで私を働かせないように言いました。そして「もし給料を払わないんなら働かない」とも言いました。その後すぐに叩かれました。彼女は靴まで使って私を叩きました。右手を骨折して、体中にアザを作られました。10日後にようやく病院に連れて行ってもらえました。でも奥様は医者や他の人に聞かれても叩かれたことを話すなと言いいました。彼女は私に「仕事中に倒れて、怪我をした」と話せと言ったのです。

ネパール出身アムリタ