See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

レバノンでコートジボワール人女性が転落死 賃金トラブルが原因か

コートジボワール共和国に拠点を置くニュースサイトの Koaci.com に、同国出身の若い女性が遺体となって発見されたという情報が寄せられた。伝えられるところによれば、女性はアパートの6階から突き落とされたとのこと。被害者女性とその雇い主でもある保証人との間には賃金の支払いについて争いがあったとされている。

次に挙げるのは、Koaci.comに掲載されたCarolle Febyによる報告である。

Une jeune Ivoirienne est morte Rechercher morte après avoir été poussée du 6ème étage d’un immeuble par son patron pour lui avoir réclamé son salaire à Beyrouth au Liban.
Les faits ont été rapportés à koaci.com par un jeune camerounais, après les révélations de sa sœur voisine de la victime.
Une jeune fille d’une vingtaine d’années de nationalité ivoirienne a été retrouvée morte en bas de son immeuble.
Selon la voisine de la jeune infortunée dont le nom n’a pas été révélé, la fille aurait été poussée du 6ème étage d’un immeuble à Asharfir, un quartier de la ville de Beyrouth au Liban, le mardi 1er Juillet par son patron.
Elle lui réclamait son salaire et l’homme qui a été manifestement contrarié par cette requête, l’aurait poussée sous l’effet de la colère.
Cette jeune expatriée aurait quitté la Côte d’Ivoire depuis des années pour aller travailler en tant que servante au Liban, comme beaucoup de jeunes Ivoiriennes.
Les histoires plus ou moins dramatiques d'Ivoiriennes travaillant au Liban sont malheureusement légions.
Il y a quelques mois, après une révélation de koaci.com un groupe d'africaines avait été rapatrié du Liban après avoir réussi à échapper à leurs patrons qui leurs faisaient subir des sévices corporels et moraux.

レバノン共和国の首都ベイルートで、20歳前後とみられるコートジボワール人女性の遺体が発見された。情報によれば、被害者女性による賃金請求が原因となり、アパートの6階から突き落とされたようだ。
この事件の情報提供者はカメルーン出身の若年女性である。被害者女性の近所に住む姉妹から受けた情報をもとに、Koaci.comへの提供が行われた。
匿名を希望する近隣住民の話によると、被害者は7月1日火曜日、レバノンのベイルートのAsharfir地区(注釈:Achrafieh地区のことだと思われる)にあるビルの6階から突き落とされ、死亡したとのこと。
被害者は保証人に対して賃金の支払いを求めていたがその要求は受け入れられず、逆上した保証人によって突き落とされたとみられる。
報道によると、被害者女性は数年前、家庭内労働者としての仕事を求めてコートジボワールからレバノンへ移住していた。コートジボワール人女性の若年層では、よくあることだ。
悲しいことに、レバノンでは今回のような事件は日常茶飯事だ。
数ヶ月前には、Koaci.comの告発がきっかけとなり、虐待を受けていたアフリカ人女性達をレバノンから祖国へ引き戻すことができた。

このような悲劇が、カファラ制度すなわち「身分保証人制度」を採用しているレバノンやアラブ諸国で繰り返し起きている。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、 レバノンに関する報告書2014年版で次のように説明する。

Migrant domestic workers are excluded from the labor law and subject to restrictive immigration rules based on employer-specific sponsorship—the kafala system—which put workers at risk of exploitation and abuse. While outgoing Labor Minister Charbel Nahhas announced in January 2012 that he would look at abolishing the kafala system, in 2013 Labor Minister Salim Jreissati failed to do so or to put forward legislation that would protect the estimated 200,000 migrant domestic workers in the country. In July, a criminal court sentenced an employer to two months in prison, imposed a fine, and required her to pay damages and compensation to a migrant domestic worker whose wages she had not paid for years. Migrant domestic workers suing their employers for abuse continue, however, to face legal obstacles and risk imprisonment and deportation due to the restrictive visa system.

移民家庭内労働者は労働法の適用対象外であり、雇用主が身分保証人となる制度、つまりカファラ制度に基づいた拘束力の強い移民法の規則に従わなくてはならない。そのため、労働者は搾取や虐待といった危険にさらされている。その一方で2012年1月、辞任間近のCharbel Nahhas労働大臣は、カファラ制度の廃止を目指す考えを述べた。しかし2013年時点で、Salim Jreissati労働大臣は制度の廃止だけでなく、レバノンに存在する20万人相当の移民家庭内労働者の保護を目的とした法案の提出も成し得ていない。7月には刑事裁判所が、とある雇用主に対し禁固2ヶ月ならびに罰金の支払いを命じる判決を言い渡した。それに加え、数年にわたり賃金の支払いを行っていなかった移民家庭内労働者に対して、雇用主は損害賠償金ならびに補償金を支払うよう命じた。しかし、移民家庭内労働者が虐待をおこなう雇用主を訴えようとすると、依然として法律の壁に直面し、またビザ制度が制限つきであるため、拘禁や国外追放の危険にさらされることになる。

校正:Maki Kitazawa