See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

Yukari Sugiyama

最新の記事 Yukari Sugiyama

2011/05/06

シリア:数千人におよぶホムスでのデモ(映像)

弾圧があるにも関わらず、シリアでのデモは継続中である。数えきれないほどの映像がウェブ上に配信され、アサド政権打倒を求めるデモの様子が映しだされた。これはホムスでの映像の一部である。

2011/03/24

日本:「もうあの音は嫌だ」

2011年3月11日の巨大地震に続く日々の余震で、テレビや携帯電話で頻繁に耳にしている緊急地震速報の警報音は、人々の頭から離れられなくなってしまった。この警報音は国民達を苦しめ、ミニブログサイトのツイッター上のコメントには、この音への恐怖や不安が書かれている。

2011/03/16

日本:津波が太平洋沖を襲撃、全てを奪う

国内観測史上最大の地震に続き、日本は最も恐ろしい津波に襲われた。7メートル以上ある津波が車や建物を一掃する映像がニュースで流れ、国中の人々がテレビに釘付けとなった。

2011/02/11

エジプト政府、継続中のデモに対抗してウェブサイトを遮断、活動家を逮捕 – インターネットセキュリティー知識の必要性

GV アドボカシー

イランやチュニジアで見てきたように、ソーシャルネットワークのツールは、権威主義国の活動家達に強い、国外にも届く発言権を与えた。しかし、同じソーシャルネットワークのツールは、政府が活動家を割り出し、報復することも可能にしている。エジプトでも今週このような事例があった。

2011/01/31

エジプト:報道管制下においても流れ続ける情報

エジプト政府によるインターネットの遮断と携帯電話ネットワークの閉鎖は、情報の流れを著しく減少させた。しかし人々は情報を外に伝えるべく創造的な方法でくぐり抜けている。

2011/01/29

東南アジア:2010年を振り返って

グローバルボイスの東南アジアチームが、2010年のトップニュースを振り返る。

2011/01/21

チュニジア:自由の喜び以上の不安感

2011年1月14日に、ザイン・アル=アービディーン・ベン=アリー大統領が、20年以上独裁した自分の国から突如逃亡した。チュニジアの人々は、新しい独立の夜明けを祝い街に繰り出したが、喜びはすぐに治安の恐怖へと変わった。各地の主要都市で暴れ回ったり、店や住居から物を略奪したり、所有地や建築物を放火したりと、様々な破壊行為のニュースが広がった。チュニジアの人々がブログで心境や体験を告白している。

2011/01/09

キューバ:テレコミュニケーション、インターネットアクセス、アメリカ−キューバ政策

アメリカを拠点としている、もしくはアメリカと提携しているテレコム会社というのは、つまり、カリブのほぼ全域にサービスを提供している会社であるが、アメリカ−キューバ間の禁輸措置による厳しい制限があるため、キューバはテレコミュニケーションにおいて何十年と不利な立場にある。

2010/12/26

ブラジル:「過激派無神論者」についての新しい議論

10月10日、有名な解放の神学の学者Frei Bettoの書いた記事がブラジルの新聞Folha de Sao Pauloに掲載された。これは彼が「過激派無神論」を拷問と比較したBlog do Miroからの記事を再編成したものである。

2010/11/08

ロシア:オンライン活動成功談

RuNet Echo

大西洋側のインターネットアナリスト達が、テクノロジーの利用が社会的、政治的変化をもたらすかを議論している間、ロシアのブロガー達が、おそらくこのような議論がされていたことも知らずに、ささやかながらこの議論に貢献している。彼らの勝利はわずかで小さいし、その影響は統計学的エラーとして間違えられる程度だが、確かに存在している。