See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

マラウイ:ガソリン情報にFacebook利用の動き

マラウイの人々は、ガソリンスタンドでの最新の燃料供給状況について互いに情報交換する方法として、どこで給油できるかをFacebookを用いて連絡している。210人以上の登録者が、Malawi Fuel Watchと呼ばれるオープングループで情報を共有している。

燃料不足はまだ続くと言われています。どこかで燃料があることがわかったら、他の人にも知らせて、彼らが長々と探し回らずにすむようにしてあげてください。また、給油できなかったところがあれば、その情報を共有して、他の人が同じ轍を踏まないようにしてください。

Paraffin lamps on sale at Chinseu market, Malawi, for 30 kwacha apiece. Paraffin is hard to come by, so some people have been using diesel fuel, which has the unfortunate effect of creating smog clouds in one's home. Image by Flickr user john.duffell (CC BY-NC-SA 2.0).

マラウイChinseu marketで一缶30クワチャで売られている石油ランプ。パラフィンは入手が困難なため、軽油を使用している人もいる。軽油を使用すると、家じゅうに煙が充満するという悪影響がある。Flickr user john.duffellの画像 (CC BY-NC-SA 2.0)。

 

マラウイでは、昨年から燃料を入手するために何時間も並ぶ状態になっている。マラウイの天然資源大臣Grain Malungaは、燃料危機の責任を取り辞任することを示唆していたが、最近になってこれを撤回した。

2011年2月、リロングウェのマラウイ警察は、長期化する燃料危機に対するデモの主催者を拘束している。

登録者の一人は、月曜の夜に投稿した

BlantyreのPetroda Filling Stationでは長い行列はできていない。問題なく給油でき、余剰のポンプもある。満タンにするのに8分しかかからなかった。

今日はHerbert Nkhomaが投稿した

Chileka BPでは軽油、ガソリン十分あり。

その後、彼はこういう情報を追加した。

乗り物一台あたりたった3000.00Kで給油できる。

Tione Makawaが投稿した

2011年6月14日火曜日

リロングウェおよび中心部

石油

M1-Bunda T-offにまだガソリンが残っている(正午までには終了するだろう)

Andrew Matamboが書き込んだ

Old TownのAngoni Car Spares & Accessoriesの隣のConstantin Total Stationにガソリンあり。

Aubreyは、友人がガソリンを売っていることを告知した

ガソリンがどうしても欲しければ、友人が5リットルあたり2pinでガソリンを20リットル売っている。私たちは昨日満タンにした!!!

グループの作成者であり管理者でもあるFredrick BvalaniとKondwani Chiremboは、ガソリンスタンドを転々とせずに燃料を節約できるようにグループを作成したという。Bvalaniは、彼のFacebookページへの私の質問に答えてこう述べた。

私たちは、タンクに残ったわずかな燃料でガソリンスタンドを転々とし、燃料を使い切ってしまうことを避けるため、情報を共有する必要がありました。グループ内のある人があるガソリンスタンドで給油できなかった場合、彼は他の人が同じガソリンスタンドへ行くという無駄をなくすことができます。

天然資源大臣のGrain Malungaは先週、マラウイ人は燃料不足に慣れるべきだと発言したと報じられた。マラウイでは1年以上も燃料供給不足が続いており、数千もの運転手、旅行者、そして経済に悪影響を及ぼしている。

この状況はBingu wa Mutharika政権の、外貨不足、援助国との連携、その他国内の問題の処理についての失策によるものだと非難されている。

マラウイでは現在、DPPに対する強力な野党が存在しない。市民社会は燃料デモを封じられ沈黙を強いられている。

 

 

 

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.