See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

「屋外での活動を控えてください」―― 北京の大気汚染が史上最悪レベルに

北京では珍しくもない大気汚染。しかし今回はレベルが違う。高濃度のスモッグが首都の空を覆う日が4日続いた1月半ば、目を疑うほどの汚染指数にメディアはトップでこれを報じ、環境問題への発言がますます増えている中国のネット社会は一気に色めき立った。

The pollution engulfed the city with heavy haze and reduced visibility.

汚染された大気が街を包み、視界を遮る。(写真投稿者:Owen)

国営メディアからは、予防措置を講じ、屋外での活動を控えるよう、市民への呼びかけがなされた。

大気汚染の度合を示す主要な指標にPM2.5(大気中に浮遊する直径2.5μm以下の微粒子の数値)がある。1月12日、その最大観測値が1立方メートル当たり700を超え、人々を驚愕させた。多くの市民はこれを「爆表」(観測範囲超え)と形容している。

微粒子の中でもPM2.5は肺に侵入できる大きさであることから、微粒子の中では健康に及ぼすリスクが最大であると専門家は見ており、大気汚染指数が500を超えると危険領域に入ると考えられている。1月13日、北京市気象局は異例のことながら警報レベルをオレンジに引き上げた。オレンジはこれまでに発令された警報の中で最高レベルにあたる。

北京の大気汚染の深刻さにネット通販でマスクの売上が急激に伸び[zh]、品切れとなる店も出ている。

北京では昨年末にPM2.5の観測基地を35カ所設け、汚染レベルに関するより詳細な情報提供に努めている。国営メディアでは、十分な風が吹かなかったことと、ここ数年で自動車の台数が爆発的に増加したことが大気汚染の原因であると一貫して主張している。一方、国際メディアは、政府が経済成長の追求にかまけ、環境問題をないがしろにしてきたことが要因だとしている。

ミニブログサイト「新浪微博」では健康に関する懸念の声があがっている。

田源-Jason:明知这几天空气质量严重污染,但大街小巷人还是不少。地铁里也充斥着各种外地人的口音,基本讨论也是北京污染严重,不应该来,北京越来越不好,容易得病什么的。各位不如你们都回去建设自己家乡吧,把首都还给我们做北京!

田源-Jason[zh]: 大気汚染がひどいってことはみんな分かってるけど、大きな通りも狭い路地も、ここはどこも人でいっぱい。地下鉄に乗るといろんな方言が聞こえてくるけど、話題はだいたい大気汚染がひどいっていう話で、北京に来るべきじゃなかった、北京はどんどんひどくなる、病気にかかる確率もどんどん高くなる、って感じ。ねぇ、だったら帰って故郷のために頑張った方がいいんじゃない? 北京は北京の人間にまかせてさ。

黄金神棍: 女儿打开ipad,看到了天气通上面的污染指数。她说,北京污染得好厉害啊~我说,是啊。你要不要回去嘛?她说不要。她问我那些人为啥要待在那里呢?我 说,那里能赚很多钱,还有高楼大厦。她说赚钱后治病吗?我不知如何回复。她说they are real ill……有时候想想,成人有时候真不如个孩子!

黄金神棍[zh]: 私の娘はiPadを使って天気サイトで汚染指数を調べています。「北京は汚染がひどいよ」と娘が言います。「もう帰る?」と聞くと、娘は首を横に振り「どうしてみんな北京にいたいの?」と聞いてきます。「北京でお金をたくさん稼ぐため。お給料がいいからね」と私。娘がまた聞きました。「お金を稼いだら病気が治るの?」。返す言葉がありませんでした。「みんな本当に病んでいるんだ……」娘はそう続けました。時として子どもは大人より賢いものですね。

ある中国人ポップシンガー[zh] はこんな風に荒っぽく表現している。

现在时刻,北京毒气时间整带着…口罩都挡不住怪味!头晕!眼睛疼!呼吸困难!…空气你是要怎样啊??想变固体吗??

北京では毒入り空気を吸う時代が始まった! マスクをしたってひどい臭いは防げない! 頭はクラクラ! 目も痛い! 息を吸うのも一苦労。北京の空気、どうしたいんだ? 固体にでもなりたいのか?

大気汚染をジョーク[zh] にした書き込みもある。

据说,此刻北京PM值达到728,已经完全进入寂静岭模式。

北京のPM指数が728になったって。これで北京は公式にサイレント・ヒル(訳注:ホラーゲームの名前。白く霧に閉ざされた町が舞台)状態ってわけだ。

過去の歴史[zh]になぞらえたコメントもある。

颜强:雾都北京。英国人看到2013年1月12日的北京,觉得充满历史沧桑感,如同回到1945年的伦敦。

スモッグに覆われた街、北京。2013年1月12日の北京をイギリス人が見たら歴史の中にいるみたいって思うだろう。まるで1945年のロンドンみたいだと。

無力感漂うコメント[zh]もある。

干鱼刺:不用看pm2.5公布值,用鼻子就能闻出来污染的恶劣程度,赚点钱容易吗,明知山上虎偏向虎山行,我并非英勇只是无奈!

PM2.5の値なんて見る必要ない。臭いで汚染の深刻度が分かるから。お金を稼ぐのも楽じゃない。このままじゃ危険だって分かっていても(北京に)留まり続けるよ。別に勇気があるわけじゃない。それしか方法がないだけだよ。