See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

プーチン大統領再婚の噂が飛び交う

Alina Kabaeva appears in a music video, 12 September 2010, screenshot from YouTube.

ミュージックビデオに出演したアリーナ・カバエワ。画像は2010年9月12日のユーチューブより。

[本文中のリンク先はロシア語です]

ウラジーミル・プーチンとウズベキスタン生まれの元新体操選手アリーナ・カバエワは恋愛関係にあるという噂が、長い間ささやかれている。確かに、プーチン大統領が2013年6月に報道機関に発表した自身の離婚より前からこの憶測は存在している。先週このゴシップが再燃し、今回RuNetの噂好き達は、プーチン大統領(60歳)とカバエワ(30歳)がとうとう結婚に至ったのではないかとにらんでいる。

ことは土曜日の昼下がりのあるツイートから始まった。

プーチンとカバエワが今日イベルスキー寺院で結婚したって聞いた。バルダイは全域封鎖らしい。

弁護士のコロイ・アキルゴフによって書かれたこのツイートは500回以上リツイートされ、ロシアのブログ界は追加情報を得ようと大忙しとなった。アキルゴフは数時間後にこうリポートした

友人達よ、真偽のほどは保証できないが、地元住民の話だとロシア連邦警護庁がイベルスキー周辺を全面閉鎖したそうだ。

大統領報道官ドミトリー・ぺスコフの真似をする、ツイッターのパロディアカウントはすぐにこうツイートした

その通り、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチは結婚している! アリーナ・カバエワとではなくてロシアと、だが。

アキルゴフの最初のツイートから数時間以内に、ドミトリー・ぺスコフはTV Dozhd (TV Rain)に出演、噂を否定し、おしゃべりが過ぎたブログ界、ネチズン達の「退屈にかまけた土曜日のネット活動」を非難した。この、一見して曖昧な否定ではネット上の噂を増長させるだけだった。例えば、LiveJournalユーザーのイーゴア・セドフは、ぺスコフは噂の火種をかき立てただけで、むしろさらにことを大きくする羽目になったと主張した

Я этих слухов не слышал.  Зато теперь – услышал. Кому спасибо говорить? А г. Пескову, вот кому. Смолчал бы Песков – и слухи (даже если они и были) стихли бы сами собой. Теперь – нет. А вообще, Кабаева, вроде, мусульманка? Или нет? Если мусульманка, то возможно ли венчание?

こんな噂聞いたことなかったのに。今日までは。誰にお礼を言えばいいのかな? ミスター・ぺスコフ以外にいないね! もしぺスコフが何も言わなけりゃ、こんな噂は(たとえそれが本当でも)そのうち自然に消えてただろうに。でももう手遅れだね。あともう一つ、カバエワはムスリムなの? それとも違う? もし彼女がムスリムなら、結婚式はできるのかな?

別のブロガーも現実となるかもしれないプーチン・カバエワペアの宗教的な側面に言及し、プーチンとの結婚のためにカバエワはロシア正教に改宗したのではないかと推測している

ブロガーのパーシャ・ビジネスマンはブログ界に対し、冷静になり、根拠のない噂を広めるのは止めるように促した

Считаю все эти слухи выдумками. Кроме самих слухов подтверждений из других источников нет.
Ни одной фотографии, ни одного видео и так далее. Даже не важно как это комментирует пресс-служба. Кроме вбросов таблоидов и таблоидных журналистов никаких других фактов, что Путин встречается с Кабаевой нет.
Господа журналисты давайте не будем бегать впереди паровоза, получите факты, зафиксируйте, подтвердите из независимых источников а потом и публикуйте.

こんな噂は全部ただのでっち上げだと思う。噂そのもの以外は、何ひとつ他のソースで確認できないじゃない。写真の1枚もビデオの1本も、他の何もない。報道機関が何て言うかは関係ない。タブロイド紙とタブロイドのジャーナリスト達を満足させてるっていう事以外の事実はどこにもないわ。プーチンがカバエワと会ったってことすらね。まったく、ジャーナリストは先走らないようにしましょう。事実を掴んで、把握して、独自のソースを使って立証した上で公表してちょうだい。

ジャーナリストのナタリア・ゲヴォーキャンは自身のフェイスブックで、なぜ政府は全てを「特別任務」に仕立て上げなければならないのか疑問を投げかけ、どのようにプーチンは離婚発表前にメディアで広く憶測が積み重なっていくのを待っていたのか指摘した。

Сколько лет не жил с женой, прежде чем сходить в театр на интервью о разводе? Теперь столько же лет проживет в браке, прежде чем о нем объявить? Может, правда, на Олимпийских играх…. Как-то логично-символично.

離婚会見のために劇場に出向くまでの間何年間、夫人と別居してたのかしら? 今回の結婚でも同じぐらいの年月が経ってから発表するのかしら。でも、たぶんオリンピックのときね……。どういうわけか、(オリンピックで暴露すれば)不自然ではないし象徴的に(なるんでしょうね)。

プーチン大統領の再婚については噂の域を出ない公算が大である。しかし、もしゲヴォーキャンの推測が当たっていて、プーチン大統領がまた、ドラマチックな暴露劇を繰り広げるために予想外かつ注目を集めるお膳立てが整うのを待っているのだとしたら、結果は来年のソチ冬季オリンピックまでお預けかもしれない。