See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

アフリカ:水道部門の財源、汚職で20-40%が消える

水へのアクセスは人権を守ること 写真提供:actionaid.org 許可済み

西アフリカ水統合大使のMustapha Sesayは、水道部門の汚職について West Africa WASH Journalists Networkに下記のように記している。

The issue of accessing pure and affordable water is a fundamental human right but this is not given the much needed attention. Corruption in the water sector is ripe and involves all classes of people ranging from the ordinary man, politicians, Heads of Water Institutions and even Non-Governmental organizations working in this sector.Report on “Corruption in the water sector” by Water Integrity Network in a book titled “Training Manual on Water Integrity” states that in the sub-Sahara Africa, forty-four percent (44 %) of the countries are unlikely to attain the Millennium Development Goal target for drinking water eighty-five percent (85%) are unlikely to attain the sanitation aspect. Estimate by the World Bank report suggests that twenty –forty percent (20 – 40% ) of water sector finances are being lost to dishonest practices.

清潔で手ごろな価格の水を利用できるようにすることは基本的人権に関わる問題である。しかし、この件に関しては期待したほどには関心が集まっていない。水道部門の組織は腐敗が進んでおり、汚職に絡む人の職種は千差万別である。水道職員、政治家、水道局長、水道部門で働くNGOの職員さえもが含まれている。「水統合研修マニュアル」と題する書の中でWater Integrity Networkが公表した「水道部門における汚職」に関する報告によると、サブサハラアフリカ内の44%の国々は飲料水のミレニアム開発目標を達成する見込みはない。85%は衛生面の目標達成の見込みはない。世界銀行の推定によると、水道部門財源の20-40%が、不正行為により失われているとされている。

校正:Maki Ikawa