See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

台湾のフェイスブックユーザー正義を求め死刑囚をタグ

The cover page in facebook for 'Cheng Hsin-Tze plays around the world.' CC BY-NC 2.0.

フェイスブックイベント「チャン・チン・ツー世界で遊ぶ」のカバー写真 CC BY-NC 2.0.ライセンスのもとに掲載’


台湾は法的にも実践的にも死刑制度を維持している世界の40ヶ国のうちの一つであり、2010年から2014年の間に26人の囚人が処刑された。

人権団体は具体的な死刑の実例を挙げ、台湾での死刑の廃止を要求した。その一つがCheng Hsin-Tsu(チャン・シン・ツー)の事件だ。彼は2002年にカラオケルームで警察官を殺害した罪で2006年に有罪判決を受けた。チャンの供述書によると、その警察官は、カラオケルームで同じく銃殺された彼の友人によって殺害されたという。その銃からチャンの指紋は見つからず、発砲があった時は自分の隣に座っていたと目撃者が証言した。

チャンに対する直接的証拠がないため、台湾死刑廃止連盟は裁判を見直すように司法省に訴えている。しかし当局は改めて捜査し直すことに難色を示している。そこで連盟はチャンをフェイスブックで擁護することを決めた。

People brought the figure of Cheng Hsin-Tze to the 2014 LGBTQ Pride Parade. Photo by Lin Hsinyi. CC BY-NC 2.0.

2014LGBTプライドパレードでチャン・シン・ツーのパネルを持つ人々。撮影リン シンイ. CC BY-NC2.0ライセンスのもとに掲載

連盟はチャン・シン・ツーのフェイスブックアカウントを作り、「チャン・シン・ツー世界で遊ぶ」というイベントを立ち上げた。そして12年以上も鉄格子の中にいるチャンをタグしてもらうために、世界を自由に動き回っているフェイスブックユーザーを招待した。
人権を取り上げている作家の張娟芬(Chang Chuan-Fen)は自身のブログでこのイベントを宣伝した。

這不是社運團體第一次使用臉書當作傳播工具,但是卻創造了許多不曾出現過的效應。每個臉書使用者,只要關心這個主題、願意參加,無論天涯海角都可以來玩。做法是發動態的時候,標註「鄭性澤」就行了。[…]

「鄭性澤一直玩一直玩一直玩」的遊戲規則就是這麼簡單:標註鄭性澤,讓他聞香,也讓他的臉書頁面上充滿這些聲援者的動態。[…]

玩的人是那麼認真的許下心願:「我回家了,阿澤,希望你也可以很快回家。」標註活動最真實的效應,就是讓人「把鄭性澤放在心上」。

活動家が啓発を広げるためにフェイスブックを使うのはこれが初めてではないが、この特別なイベントは今まで見たことのないようないくつかの効果を生みだしている。この話題を支持し参加したいと望む限り、フェイスブックユーザーなら誰でも、どこからでもこのイベントに参加できる。参加するためには、ステータスを更新するときに#ChengHsin-Tzeとタグすればよい。 […]

「チャン・シン・ツー世界で遊ぶ」のルールはとても簡単だ。チャンをタグすると彼と日々の出来事を共有できるのだ。彼には世界の空気を感じさせ、他の者たちにはチャンの支持者の意見を見てもらうことができる。 […]

このイベントに参加している人たちは、「私が今家にいるのと同じく、シン・ツーもすぐに彼の家に帰れますように」と彼のために熱心に祈っている。このイベントにより彼の存在は私たちの心にしっかりと刻まれた。

Two Tze in Central, Hong Kong.  Reneedog's photo on Facebook.

2人のツー。香港中心街。レニードッグによるフェイスブック掲載の写真

約2週間で6,300人のフェイスブックメンバー がこのイベントに参加し  16カ国 からチャン・シン・ツーをタグした。

弁護士のレニードッグ ラミア (李澤) もこのイベントに参加し、チャンと同じくツー(澤)という中国名を持つ友達の隣にチャンの切り抜き写真を並べてフェイスブックに載せた。その写真は中環という香港の金融街で撮られたものだ。彼は、もしツーがあなたの友達だったらどうする?という問いを投げかけた。

這些朋友的努力是要讓阿澤得到一個重啟調查的合理審判
而不是無條件釋放
當然經過嚴謹且正當的調查,阿澤是冤的
即應釋放,國家系統並應負起該有的責任
而這個活動,就是要喚醒司法的責任
如果阿澤是冤的,我們卻挽回不了什麼
最後的那聲槍決,是不是在訴說
你有罪,是因為你窮,還交到壞朋友,還夜唱
你有罪,是因為你雖,所以該死。

[…] 「可是……如果他真的是壞人呢?」
當阿澤是你的家人、朋友、甚或你自己時
你希望社會承擔這個兩面如果的哪一邊?
司法的任務如果在毋枉毋縱
那毋枉比毋縱,更為可貴,更加重要。

このタグの最終目的はチャン・チン・ツーの裁判を見直しさせることであり、彼を無条件で釈放させることではない。もしチャンが不当に扱われていたとすれば、徹底的な正しい調査を経て彼をすぐに釈放させ、司法当局は責任をとるべきだ。このフェイスブックのイベントは司法当局に責任をとらせることを要求するためのものである。もしチャンが不当に扱われていても私たちがそれを助けることができず、銃殺隊による死刑執行が行われてしまった場合、死刑執行の銃声はこう聞こえるだろう。「おまえは貧しさゆえに罪深い。悪い友達がいて夜カラオケに行く。運が悪かったから悪い目にあったのだ。お前も終わりだな」

[…]もし彼が本当に犯罪者だったら…。あなたの家族の一員、友達、もしくはあなた自身がチャンの立場になってしまったら人々から犯罪者として見てほしいか。もし司法制度の最終目的が冤罪をなくし、犯人を見逃さないことだったら、前者は後者よりももっと価値があり大切なものだ。

校正:Rina Suzuki