See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

アクセス制限の標的にされるイランの女性ブロガー達

m1.jpg Mehdi Mohseniのブログ Jomhour [ペルシア語] (ペルシャ人の共和国の意) は、イランの社会問題や政治問題に関する最も信頼のおける情報源である。もしイランのブログを「追う」のであれば、毎日1000人前後の訪問者があるこのブログを外すことはできない。

問:あなた自身とあなたのブログについて紹介してもらえますか?

僕の名前はMehdi Mohseni。 ゴム(Qom)出身の1980年生まれで、都市工学を勉強している学生です。僕は独立系ジャーナリストみたいなものですね。2002年に最初のブログを公開しました。

問:あなたはイランの西南地方に住んでいますが、ローカル・ブロガー、つまり自分達の土地のことだけを書いているブロガーについてどう思いますか。

ご存知の通り、ブログはボーダーレスなメディアです。ブロガーはイランのどの地域からでも書くことができるし、世界中のどこからでも読むことができます。何について語ってもいいですしね。自分の街や土地についてだけ書いてあるブログもあると思いますが、一般的に言って、ローカル・ブログの類はあまり考慮されていないと思います。

矢面にさらされる女性達

問: イラン人ブロガー達にとって、アクセス制限のほかには何が大きな問題ですか?ハッカー達によって何らかの問題が生み出されていますか?

ブロガー達は、他の人々と同様に、イラン国内でいくつかの困難に遭遇しています。多くのイラン人のウェブサイトが、特に政治的なサイトがアクセス制限されています。この2年間でアクセス制限や検閲はひどくなりました。特に、女性達によるブログの多くが規制されています。何を書いているのかは大して重要ではありません。女性だということで、ブログが規制されるリスクになるのです。 改革派や”Nationalist-Religious”のメンバー達が書いた政治的なウェブサイトやブログも狙われています。しかし、学生や女性などの市民社会活動家や労働活動家によるブログが一番の規制対象になります。

ハッキングはブロガー達にとっては、これまでそれほど大きな問題ではありません。今のところ政府のサイトのみがハッキングされています。むしろ一般的には、インターネット接続速度の遅さや、高い接続料、低品質な技術による問題に悩まされています。

想像もつかなかった存在

問: ここ数年のイランのブログの進化についてどう評価しますか?

科学的な分析というよりも僕の個人的な観察をもとにお話しすることになりますが、この社会には人々に対する多くの圧力がありますが、ブログは人々が自分自身を社会に向けて表現する道具として優れています。だから多くの女性達がブログを書くのでしょう。最近では、多くの中高年達が自分たちの考えを表現するためにブログを使い始めています。

問: ブログが社会に与える影響をどう見ていますか?

イラン国内では検閲が厳しくなってきていて、雑誌やニュースサイトが存在しないことから、ブログは今までは想像もつかなかったような重要な存在となっています。もちろん、書かれている全ての情報を信用することはできませんが。ブロガー達は、ひとつの話題を社会の中の優先課題に変えたり、政府に何らかの反応を求めたりする力を持っているのです。

原文:Hamid Tehrani

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.