See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

中国:日本の侵略映画、終わりなし

テレビのエキストラをするShi Zhongpengが、先週中国で見出しを飾った。彼は昨年だけで二百回以上日本兵の役を演じ [zh]、いろんな番組を通したった一日で八回も「死んだ」という。それ以来、中国エンタテインメント産業が、第二次世界大戦期の日本の中国侵略に関する映画を飽きることなく製作していることに関心が集まっている。[zh]

現在、東シナ海の島々をめぐって中国と日本が対立している中、変わりなく続く厳しい検閲に直面する映画監督にとっては、1931年の日本の満州侵略は無難で受けがいい選択肢になってきた。例えば、中国東部の浙江省にあるHengdianスタジオでは、日本の中国侵略に関係する映画が2012年でおよそ48本撮影された。

「歴史ドラマやスパイの話は、ゴールデンタイムで放映するには制限があるんだ」とGreentown Mediaのゼネラル・マネージャーZhou WeichengはChengdu Business News[zh]に語った。「日本の侵略以外、何を撮れるっていうんです?」

こういった事情から、中国のテレビ局には、暗に中国人視聴者の教育をねらった反日映画があふれている。中国メディアやネチズンは、当局のこの意図に疑問を投げかけ、映画への検閲について懸念を示している。

コメンテーターであるYu Deqingは、こう説明した。 [zh]「中国の映画産業には二つの側面がある。一つは、検閲が厳しい繊細なテーマがあるということ。もう一つは、日本の侵略のように、政府が資金を提供してくれる主流なテーマがあるということ。最先端技術が必要な画期的なアイデアの映画は検閲を通るのも難しいし、政府は資金を出してもくれない。」

A screenshot of the report about movie extra who has acted as a Japanese soldier over 200 times last year(from youku)

動画ウェブサイトYoukuからのスクリーンショット。
昨年200回以上の日本兵の役を演じたTVエキストラShi Zhongpeng。
.

教育、それとも洗脳?

中国のマイクロブログWangyi Weiboの利用者の一人は、それほど多くのドラマを作ることの必要性を疑問視している。 [zh]

日军侵华虽然值得我们每一个中国人铭记,但我们是不是真的有必要拍出N*N部出来,并变着法的来丑化日本?让本来是只该对日本法西斯的憎恶,升华成对整个日本民族的憎恶。

日本の中国侵略は、記憶にとどめておかなければならないことだが、本当にそんなに多くの映画を撮影・放映し、あれこれ手を尽くして日本を悪く見せる必要があるのか? 日本のファシストたちに対する我々の嫌悪を、国全体への嫌悪にエスカレートさせるだけなのではないか。

leiyang516789991 は、Wangyi Weiboでそういった映画の信憑性を疑問視している。 [zh]

别人的电影都是反射战争的残酷性和非人性,让观众对战争有理性的反思。我们的电影反映的是杀戮的正义性和领导人的英明伟大,让观众对那段真实的历史从始至终都稀里糊涂。没办法,历史这个小姑娘我们就是要打扮成这样的,尔等胆敢乱讲真话,拉出去枪 毙!

他国の戦争映画には、戦争の野蛮さや非人道性が映しだされており、視聴者にじっくり考えさせるように作られている。我々の映画が映し出すのは殺戮の正当化やリーダーの偉大さで、視聴者は何が本当の歴史かわからず困惑するだけだ。でも、我々に何ができるだろう? 我々が歴史という名で呼ぶこのお嬢さんを、彼らは自分たちの好みのままに着飾らせる。そして、真実を話す者が誰であれ、引っ張られて撃たれてしまうのさ。

wangwei1976はWangyi Weiboで共感を示している。[zh]

抗日片不真实让我们觉得抗战是场游戏,这会误导我们的人民。这是对历史的背叛,强调历史的真实能让我们更清楚的去面对明天!日本拍得日美之间的战争和德国拍得德苏之间的战争,美国人近几年拍得二战大片中,都真实得让人对战争和人性进行深层次的思考。这才是一个民族自信的源泉!

日本の侵略についてのでたらめだらけの描写は、まるでただのゲームみたいに思わせるし、誤解を招きかねない。これは歴史に対する裏切りだ。本当の歴史を理解すれば、冷静に未来と向き合える!日米間の戦争を描いた日本映画、独ソ間の戦争を描いたドイツ映画、第二次世界大戦を描いたアメリカ映画、これらはどれも戦争と人道について人々を深く考えさせるものだ。それが、国民の自信につながるのだ。

映画検閲の影響

経済学者李子暘は、中国における映画検閲の一般的な状況についてWeiboで コメントした。 [zh]

抗日剧泛滥是管制的闹剧。投资影视,不是闹着玩的。万一题材通不过,百万千万甚至上亿的投资就要打水漂。谁也受不了。因此,就只好跟 风,题材政治安全是首要考虑的条件。既然抗日题材政府允许,那就赶紧拍。在中国做影视,创新是最可怕最疯狂的,跟风无可指责。

日本の侵略を扱った映画が氾濫しているのは、検閲が原因です。映画に投資をする、というのは冗談ではない。もし、そのテーマが検閲を通らなかったとしたら、何百万、いや何十億という投資が無駄になってしまうのです。誰もそんな余裕などない。だから、人々は先例に倣うしか選択肢がないのです。テーマを選ぶ時、政治的に安全であることが第一なのです。政府が反日本映画にOKを出すのだから、撮らない理由がない。 中国では、映画のイノヴェーションは、人がやる最も恐ろしくばかげたことです。流行を追っていれば責められることはないんです。

コメンテーター于德清は、Chengdu Business Newsで検閲に関する懸念を示した。 [zh]

问题是,过度的行政管制,只会抑制创新和产业的升级。造成抗日剧的低水平和无聊重复的原因,大抵如此。其一个直接后果是,电视的吸引力下降,人们远离沙 发。近年来,大中城市电视开机率已经明显下降。年轻人都上网看美剧、韩剧了。可是,有些管制者仍然不明白,他们把市场管死了,自己还有什么用呢?

問題は、過激な権力統制がイノベーションや産業の成長を将来妨げていくだろうということだ。だから、低レベルの作品や反日ドラマの焼き直し制作しかない。この影響はテレビの魅力低下に直接的に繋がっている。人々はソファから離れていくだろう。最近では、大都市や中都市のテレビの視聴率は劇的に下がっている。若者はインターネットでアメリカや韓国のテレビドラマを見ているのだ。しかし、検閲機関は自分たちがこの市場を終末に追いやっていることをいまだ理解していない。彼らになんのメリットがあるのだろう?

校正:Yuko Aoyagi