See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

Facebook上のクリミア占領批判で、ジャーナリスト解雇

An "unidentified" soldier is defending this Russian-speaking cat. "Thanks for the fact that I'm no longer a "kit"" (Ukrainian for "cat" (kit) is a homonym of Russian for whale (kit)). Anonymous image found online.

「正体不明」の一兵士が、ロシア語を話す猫を警護している。猫の吹き出しには、「もう『猫』じゃないなんてありがたいわ」(ウクライナ語の猫(kit)は、ロシア語では同じ発音で鯨(kit)の意。)。ネットから流用された作者不明のイメージ。

ロシアのメディアやインターネットに対する政府の検閲が絶えず取り沙汰される一方で、もっと下位の企業レベルにおいては、実のところ各通信社が自ら進んで自己検閲する場合の方が多い。そのいい例が、ペルミ市のジャーナリストの解雇だ。彼は最近、多少当て擦ってはいるものの比較的無害なブログ投稿を、自分のフェイスブックに再投稿したことで解雇された。

元の投稿は、2014年3月4日にヴォログダ州のRoman Romanenko氏が書いたものだ。マスコミ関係者でもあるRomanenko氏は、その中で、ヴォログダ州に暮らす「ロシア語を話す」人々の権利を守るためにこの地方を「占領」するようプーチンに頼むという皮肉なメッセージを書いた。Romanenko氏はもちろん、ロシアのいわゆるクリミア半島占領を引き合いに出しているのだ(ロシア当局は未だにクリミア半島におけるロシア軍の存在を否定している)。彼は次のように具体的に書いている[ru]。

Мы тут все сплошь русскоязычные и наши права очень ущемляются. Наши больные не могут получить нужных им лекарств и лечения, уровень нашего образования падает с каждым годом […] А еще мы узнали, что вы собираетесь потратить много денег, чтобы нормализовать жизнь в Крыму. Стесняемся спросить: можно ли потратить эти деньги на нормализацию жизни в Вологодской области. А то наша область в такой долговой яме, что ни на что денег не хватает. А нам очень нужны мосты, дороги, спортивные сооружения, промышленные объекты, новые рабочие места…

私たちは、ここヴォロゴツキー地方で暮らしロシア語を母国語としているものです。今、私たちの権利は侵害されています。病人は必要な薬も治療も受けられませんし、教育も年々悪化しています[…] あなたがクリミア半島の人々の生活改善のために多額の出費を予定しているとも聞きました。大変恐縮ではありますが、そのお金をヴォロゴツキー地方の生活改善のために使えないでしょうか? ヴォログダ州は多くの負債を抱えているため、まったくお金がないのです。ここには、橋や道路、スポーツや商業開発、雇用機会の創出などが必要です。

ペルミ市出身のジャーナリストAlexander Erenko氏は、このメッセージのヴォログダ州という部分を自分の出身地に変えて、自身のフェイスブックページに再投稿した。Romanenko氏の元の投稿が3,323回シェアされたのとは対照的に、Erenko氏の再投稿はわずか44回しかシェアされなかったが、それが氏の上司の目に入ったようだ。Erenko氏は一時間も経たないうちに解雇された、とラジオ局 Echo of Perm[ru](ラジオ局Echo Moskvyの一地方局)は伝えている。

その一方で、モスクワの矛盾を指摘したのは、Romanenko氏だけではない。その矛盾とは、ロシア国民になるかもしれないクリミアの人々に対する待遇と、現ロシア国民それぞれに対するモスクワの処遇に差があるということだ。下記はブロガーIrina Petrova氏からのツイートだが、ほぼ1,000回リツイートされた。その中には、野党指導者Alexey Navalny氏も入っている(但し彼は現在軟禁中で、法的には監禁の身)。

モスクワ地方の知事は、クリミアの病院ひとつを修繕するのに、地方予算から4,000万ルーブルを確保するつもりよ。狂ってるわ!!彼はモスクワ地方の病院に行ったことがあるの???