· 5月, 2017

記事 民族/人種 from 5月, 2017

マリーヌ・ル・ペンが蒸し返すヴェル・ディヴ事件の責任とは?

1942年のヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(略称「ヴェル・ディヴ事件」)については、1995年に当時のシラク大統領が国家の責任を認め、オランド大統領もその姿勢を引き継いでいる。