· 1月, 2008

記事 国際関係 from 1月, 2008

EU、モーリタニア:遠方の漁業

ポーランド、ラトビア、リトアニアの漁師がモーリタニアから魚を奪い取っている–「それというのも、すべてEUが自らの海域で魚種資源をすっかり枯渇させてしまい、第三世界の貧しい国から漁獲割当を買っているからだ」 と、Jonathan Newtonが伝えている。

ラトビア、ロシア:パスポートスキャンダル

「ラトビアはふたたび驚くようなスキャンダルの渦中にある–パスポート100部が裕福な人びとに売られていた。その大半がラトビアがEUとシェンゲンの加盟国であることを利用しようとしたロシア人だった」とMarginaliaは伝えている。 (英語) 

イラン:寒い!

イランは例になく寒い冬を迎えている。多くの都市が雪で閉ざされ、少なくとも8人が命を落としている。イランは世界で2番目にガスが豊富な国でありながら、ガスの供給も絶たれている。何百万もの人びとが暖房がない状態だ。

ブルキナファソ:バイオ燃料生産国に

先月、農業水利水産資源省とフランス企業AgroEdは、ブルキナファソでバイオ燃料産業開発への包括協定に調印した。作物(綿、ジャトロファなど)の栽培から燃料の生産まで、全過程がブルキナファソで行われる。

中米:連合結成?

中米の国々は中米連合を結成することができるのか – PensieveのAaron Ortizは、中米地域の簡単な歴史的背景と、地域で活動するいくつかの組織へのリンクを紹介している。 (英語)