· 4月, 2008

記事 国際関係 from 4月, 2008

セントルシア:原油と食糧価格

原油価格が1バレルあたり120ドルとなり、「私たちは輸入食糧に大きく依存しているために、高騰を続ける原油価格によって、食糧価格を下げようとするカリコム(CARICOM)の政府の努力が打ち消されてしまう」と、Looshan Ramblingsは言っている。

シリア:デイル・ヤシン事件から60年

「イスラエルは建国60周年を祝う準備をし、パレスチナ人たちは土地を追われてから60年目を迎える中、私たちは1948年4月9日のデイル・ヤシンの残酷な虐殺で犠牲になった人びとを追悼しなければいけない。」 虐殺事件60周年を迎えるにあたりRime Allafはこう書いている。

日本:映画『靖国 YASUKUNI』

自民党の一部の議員が「中立性」を確かめるために上映会を行ったことを受け、日本の政府機関からの助成金を受け李纓(リイン)監督が制作したドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』について議論が巻き起こった。

モロッコ:観光で豚肉需要高まる

「モロッコでまず見ないはずのものの一つに養豚がある。豚肉を食べることが宗教上タブーとされているモロッコで、養豚が成長産業だということに驚くかもしれない。理由は?観光だ」と、The View from Fezは書いている。