· 3月, 2008

記事 国際関係 from 3月, 2008

インド:チベットと中国の狭間で

ここ数日間、国際社会の注目はチベットと暴動に対する中国政府の対応の仕方に注がれてきたが、インドではチベットでの中国の行動と中印関係におけるチベットの役割についての議論が盛んに行われている。チベット問題に関してインドの見解はどうあるべきか。

セルビア/コソボ:デル・ポンテの内臓密輸談

A Fistful of EurosのDouglas Muirは、コソボでの内臓密輸についての元ハーグ戦犯法廷検事カルラ・デル・ポンテの話を検証し、B92に寄せられた読者の反応へリンクを貼っている。

マケドニア:NATO、EU加盟のために国名変更?

1991年にマケドニアがユーゴスラビアから独立して以来、その国名は隣国ギリシャとの間で激しい論争の種となってきた。ギリシャは、マケドニアが憲法で定めている「マケドニア共和国」という国名を使用することは、その名称へのギリシャの歴史文化的主張を侵害するばかりでなく、ギリシャ北部マケドニア州への領土権主張をちらつかせていると訴えている。

バルバドス、ベネズエラ:ペトロ・カリベ

「このブログで何度もこの質問をしてきた。”チャベスはペトロ・カリベで何を得るのか?”」とバルバドスのブロガーNotes From The Marginは書いている。「ありがたいことに、他にも同じ疑問を問うている人たちがいるようだ。」 (英語)

モロッコ:平和部隊

Connie in Moroccoは、モロッコで平和部隊ボランティアとして働くことについて内部者の視点を紹介している。