See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 労働

2016/11/02

シンガポール:私たちの声を聞いて 外国人家事労働者の心の叫び

ライジング・ヴォイセズ

「私は心に傷を負い、おびえ、悲しみに暮れました。私は善意に基づいてシンガポールに働きに来ましたから、なぜひどい扱いを受けたのか理解できません」

2016/05/17

マケドニア:道いっぱいの靴が語る、人口の国外流出問題

マケドニアでは、厳しい貧困や政治的要因を背景に、国民の国外流出が大きな問題となっている。今年2月、国民は愛する者が残した靴を政府庁舎前に並べ、政府への抗議の意を示した。

2016/04/24

「国際ゴミ拾い人デー」に、労働環境改善を訴えるラテンアメリカのリサイクル労働者たち

不用品を回収しリサイクルするゴミ拾い人たち。彼らは雇用を生み、また自治体のごみ処理費用を削減するなど、社会に貢献している。

2016/04/19

ザムザム・コーラは友好の印! イランとサウジ、緊張が続く両国の今

イラン製ザムザム・コーラは以前、サウジアラビアでも大人気だった。しかし国交を断絶した両国の緊張が続く中、イラン製品の不買運動が起こっている。

2016/01/04

ブラジル:クラウドファンディングでレストラン開業を目指すシリア難民

シリア難民のタラル・アル・ティナウィはブラジルで夢を 手に入れようとしている。クラウドファンディングという新たな方法でレストランを開き、地元サンパウロの仲間とともにシリア・レバノン料理を楽しみたいと考えている。

2015/08/25

メキシコにも奴隷はいる? ~深い傷を負った女性の物語~

現代でも、同じ人間を奴隷のように扱う人がいる。メキシコのクリーニング店で働いていたある女性は、悪条件のもとで酷使され、ひどい虐待を受けた。彼女が心とからだに負った傷は、いまだ癒えることはない。

2015/06/01

ゴールデンウィーク:ツイートに見る悲喜こもごも

ゴールデンウィーク終了に、日本人は複雑な心境だ。仕事に戻るのを悲しむ人がいる一方で、日常生活に戻れるのを喜んでいる人もいる。

2015/05/16

ミャンマー:人権と平等を推進するアニメ動画5作品

ミャンマーで制作された5つのアニメ動画。人権について誰にでも分かりやすく描かれており、他の国でも人権教育や人権推進活動の支援に有効利用できそうだ。

2015/04/30

フィリピン:鉱山やサトウキビ農園で働く子どもたちの心が痛む写真

「4年前に学校を退学しました。まだ6年生でしたが、働くために仕方なくやめました。」

2015/03/31

アメリカ:スーパーに並ぶきれいな野菜や果物は、出稼ぎ農民の目にはどう映る?

トマトの収穫は、玉ねぎの収穫と比べてどう違う? 苺の場合は? カリフォルニア州の農業地帯に住むメキシコからの出稼ぎ農業労働者が、彼の目から見たアメリカのスーパーを語る。