See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

実験的アーティスト、マグダラのマリアにプエルトリコ風に讃える

特に注意がない限り、リンク先はすべて英語です。

カトリックの聖女で神秘的な人物であるマグダラのマリアは歴史の中で誤解されることもあったが、視覚的アーティストであるタニア・トレスラケル・Z・リヴィエラの努力を通して新しい方法で讃えられている。彼らは小説や視覚芸術、音楽を通してこの人物の超越性を長年にわたって探求してきた。

マグダラのマリアの公式祭日の前日である7月21日に、2人のアーティストはニューヨーク市において実験芸術の聖域として有名なバワリー街の聖マーク教会でマグダラのマリアを祝う行事を開いた。対象は「信者、無神論者、熱心な信者、にわか信者、そしてそれ以外の人々たち」だ。

リヴィエラは彼女のブログ「銅のベル」で、ラテンアメリカでは「記念日はマグダラのマリアと他の『神聖な』存在をたたえる日です」とのべ、プエルトリコにおける受肉は「コミュニティによって演奏される音楽とともにたくさんの食べ物を楽しむ集会です」と書いている。行事は彼女の説明通り音楽と食事を楽しむ集会となった。

最初にミサが執り行われ、リヴィエラのCD「マグダラのマリアの7つの膏薬」の歌が次々と歌われた。その後、参加者たちは場所を移動して、遊び、歌い、ボンバ(アフリカをルーツとするプエルトリコの伝統的なダンス)、奴隷のダンス、パロ(ドミニカ人の伝統的なダンス)を踊った。トレスは参加者を迎え、マグダラのマリアがイエスの配偶者であったとする説にインスピレーションを受けて作成したごく最近の芸術作品について、しきりに話したがっていた。

画家タニア・トレスのブログ「今日の芸術家」には、約束の日を祝うイベントについてより詳しく書かれている。招待客2人が撮影した写真を以下に掲載する。

1010863_690310627652235_1579066587_n

マグダラのマリアについての歌をうたうラケル・Z・リヴィエラ(撮影:ノルカ・ペレ)

1006039_690309937652304_1960453358_n

マルタ・I・ロドリゲス・オルムヴァとバーバラ・ディアス・ロペスによって制作されたマグダラのマリアの像(撮影:ノルカ・ペレ)

Tanya Torres junto a sus obras. Foto por Norka Pérez

タニア・トレスと彼女の芸術作品(撮影:ノルカ・ペレ)

Danza silenciosa de Corazón Tierra.  Foto por Josué Guarionex

ボンバの踊り手、アレキサンドラ・バッサロ(撮影:ジョシュ・グアリネ)

Alexandra Vasallo, bailadora de bomba. Foto por Josué Guarionex

ボンバの踊り手、アレキサンドラ・バッサロ(撮影:ジョシュ・グアリネ)

Músicos de izquierda a derecha: Manuela Arciniegas, George Vázquez, Raquel Z. Rivera, María Terrero, Arelis Figueroa y Bryan Vargas.

音楽家たち 左から右に、マヌエラ・アルシニェガス、ジョージ・ヴァルケス、ラケル・Z・リヴィエラ、マリア・テレロ、アレリス・フィゲロア、ブライアン・ヴァルガス

Foto por Norka Pérez

左から右に「マグダラのマリアと卵の奇跡」と「マグダラのマリア、向日葵の貴婦人」(撮影:ノルカ・ペレス)

Youtubeのユーザー vipblessings[es] の動画 でも、ラケル・Z・リヴィエラとオジョ・デ・ソフィアの音楽を味わうことができる。フェリックス・ジミネス[es]が彼のブログ「80の段階」の最近の記事で評している通り、まさに「すばらしい」。2010年には、バワリー街の聖マーク教会でCDのプレスリリースのためのパーティーが行われ、タニア・トレスが彼女の視覚芸術プロジェクトの一環として曲を演奏した。

しかしながら、この方法でマグダラのマリアを称えるこのプロジェクトは終わることはなかった。8月9日、タニア・トレスは「自然界の汎神論的な展望を示す連続画」を展示する。このマグダラのマリアのプロセスをたどる旅を通して、トレスは伝統的で神聖なシンボルに繋がりを見出す。この連続画は「天国と地球」と題されているが、トレスの共同制作者であるラケル・リヴィエラの故郷であるニューメキシコのアルバカーキにあるブライト・レイン・ギャラリーで展示される。出品されている作品はすべて色と声を通して美しさを味わうことができる。