See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

大量の重油流出でバングラデシュのマングローブが大打撃

Spotted deers forage at the Kokilmoni forest in the Sundarbans, a UNESCO world heritage site. Bagerhat, Bangladesh. Image by Muhammad Mostafigur Rahman. Copyright Demotix (5/11/2014)

ユネスコ世界遺産シュンドルボンの一角、Kokilmoniのマングローブ林で餌をあさるシカの群れ バングラデシュBagerhatにて 撮影:Muhammad Mostafigur Rahman 著作権:Demotix (2014/11/5)

35万8千リットルの重油を積んだタンカーが、2014年12月7日、シェラ川で沈没した。これにより、シュンドルボンの60㎞以上にわたる地域に重油が流出した。バングラデシュ南西部に位置するシュンドルボンの干潟には、世界最大の面積を持つマングローブの群生が見られる。その面積はおおよそ1万平方キロメートルで、そのうち60パーセントはバングラデシュ内にある。また、シュンドルボンはユネスコの世界遺産であり、最大級のベンガルトラ保護地区の一つである。その他多くの種の保護区ともなっている。

@stephenfryさん、どうぞリツイートしてください。 「重油流出がバングラデシュのシュンドルボンで野生生物の生存を脅かしている。特に、希少イルカおよび鳥類にとって深刻だ。」
#SundarbansDisaster

シュンドルボンで起きた史上初の重油流出事故が、ユネスコ 世界遺産である世界最大のマングローブの生態系に大打撃を与えている。

シュンドルボンの大惨事>>シェラ川の岸が真っ黒に変色。沈没した重油タンカーは、実は改造されそして… http://instagram.com/p/wdgeDPhio6/

シュンドルボン重油流出により、数百種の絶滅危惧種が大打撃を受けている。@wwwfoecouk @wbclimatechange @the_ecologist

報道によると、今回の重油流出事故で、 Mrigmari-Nondabala-Andharmanikイルカ保護区が大打撃を受けている。マングローブ林も、極めて重油流出による汚染の影響を受けやすく、まさに、マングローブ林はこの地域の水生生物が消滅した後に、枯れ死が始まると予想されている。水生生物は一般的に、まず最初に事故の影響を受け死滅するとされる。ファヒム・ハッサンは、 解説画像をフリッカー上で共有し、今回の惨事の詳細を説明している。

モーグリッツ・エリザベス・ルビヤットがフェイスブック上に掲載した写真には、この惨事によりすでに数匹の動物が生命を失った様子が写っている。県はこの惨事に適正に対処できる術を持っていないようである。県は、これほどの重油流出事故をかつて扱ったことがなかったし、適正に対処できるだけの資材を備蓄していなかったからだ。アルジャジーラの報道によると、被災地域の漁民たちは、スポンジや袋類をもって重油の除去に通っている。

ツイッター上には、当局の対応に対して多くの疑問が投げかけられている。

お前ら、2010年のメキシコ湾原油流出事故の処理にあたった企業に相談してみろよ。真剣に… 「当局はシュンドボルンの事故では、お手上げ状態だ。」 http://shar.es/13C7Fi

バングラデシュ政府のある大臣の言うことによると、英国のある企業から、シュンドルボンのマングローブ林を脅かしている延長60㎞の油膜を除去したいとの申し出があったということである。

鍋釜持参でシュンドルボン惨事の復旧作業http://bdnews24.com/bangladesh/2014/12/12/locals-engage-in-oil-mopping-with-pots-and-pans …

復旧作業を支援するために、バングラデシュ政府は運搬船で汚染地区に石油分散剤を急送した。しかし、この種の化学物質が誤って散布された場合、同地区の生態系に対してさらなる打撃を加える可能性がある。4日後の状況を見ると、政府の復旧作業は、あまり効果が出ていないように見える。そのため今回の生態学上の惨事は、長引くのではないかとの恐れが増幅している。

59時間が経過したhttp://t.co/JThyipvfepバングラデシュ政府シュンドルボン川で石油中和剤の散布を始めた。

水上交通相の発言によると、被災地住民は網を使って重油がマングローブ林に侵入するのを阻止することができた、また、重油を水から掬いあげる作業を行い、環境がさらに悪くなるのを防いでいる、ということである。環境森林省が、100隻の船と200人の漁民による作業を統制している

環境森林省は、重油流出を起こした2隻の貨物船の所有者を相手取り、10億バングラデシュ・タカ(約15億円)の賠償訴訟を起こした。

下の動画は、重油流出事故のちょうど1か月前のシュンドボルンのマングローブ林の様子である。

ブロガーのアーメド・シャリフは、政府は問題点を見誤っているとして、政府の災害管理対策の杜撰さを批判している。

দুর্যোগ ব্যবস্থাপনা বলতে কি শুধু বন্যা-জলোচ্ছ্বাস বোঝায়? গত দুই দশকে অর্থনৈতিক দিক থেকে দ্রুত অগ্রগতির সাথে সাথে যেসব ঝুঁকির সৃষ্টি হয়েছে, সেগুলির জন্যে আমরা নিজেদের তৈরি করতে পারিনি। নদীতে জাহাজের সংখ্যা আগের চেয়ে বহুগুণ বেড়ে গেছে, কিন্তু তার সাথে পাল্লা দিয়ে তৈরি হয়নি মনিটরিং এজেন্সিগুলি। জাহাজ তৈরি হচ্ছে যথেচ্ছভাবে, যাত্রী নেওয়া হচ্ছে অতিরিক্ত, ফিটনেসবিহীন জাহাজ চলছে, নদীর পানি দূষণ করছে জাহাজের বর্জ্য, নদীর মাঝে পার্ক করে রাখা হচ্ছে জাহাজ, সঠিক যন্ত্রপাতি ছাড়াই চলছে জাহাজ, চলাচলের সময় ঠিক করে দেয়ার পরেও কেউ মানছেনা – কেউ দেখার নেই। কাজেই দুর্ঘটনার সম্ভাবনা প্রতিদিন বেড়েই চলেছে। আর দুর্ঘটনার সম্ভাবনা বাড়লেও সেটার জন্যে প্রস্তুতি নেই আমাদের।

災害管理は、洪水とサイクロンに限定されているのか。ここ数十年来、バングラデシュの経済は急速に発展してきた。それに伴うリスクも増加した。しかし、次々と起こるリスクに対する政府の備えは、常に後れを取っていた。国内の航路をとおる商船の数は増加を続けた。しかし、監視機関は、その増加についていけなかった。多くの船は指針通りに建造されていないし、定員以上の乗客を乗せている。多くの船は運行規定を守っていない。例えば、廃棄物を不正に投棄しているし、見境なく水路をふさいでいる。また、運航スケジュールを守っていない。つまり、誰もこういったことを監視していないのである。それゆえ、事故の起るリスクは増大している。それなのに、我々はこういった事故や惨事に対する備えができていないのである。

YouTubeユーザーの A. K. M. Wahiduzzamanは、重油流出事故の惨状を写したビデオを公開している。

今回の事故で死んだカワゴンドウというイルカの希少種の死体が最初に見つかったのは、先週の金曜日(2014年12月12日)だった。報道によると、パドマ石油株式会社は、重油の除去作業でこれまでに何とか1万リットルの重油を除去した。同社は、清掃作業に協力したボランティアに対し、除去した重油1リットル当たり30バングラデシュ・タカ(約46円)を支払うと言っている。

歌手でブロガーのマック・ハックはフェイスブックにコメントしている

What is perplexing is the rudimentary cleaning operation. With offer of Taka 30/= per litre for furnace oil recovered, thousands have jumped in, not to save the Sundarbans but to eke an existence. Obviously for the poorest of the poor this is a windfall. However, have not heard anyone talk about the risk to human health from dangerous toxins in the furnace oil. Anywhere else in the world the Government would have faced public litigation suit for endangering citizens health. I see thousands of poor and ignorant people dying in the days ahead thanks to Bangladesh Petroleum Corporation's myopic decision. Our focus should not only be for hunt of dead dolphins – but contaminated humans!

問題をややこしくしているのは、原始的な除去作業だ。1リットルの重油除去に対して30タカの提案に対し、何千人もの人が飛びついた。シュンドルボンを守るためではなく、生活の足しにするために飛びついたのだ。明らかに、最貧困層にとって、これは思いがけない大収入である。しかし、重油に含まれる毒素が人の健康に与える危険性について言われているのを聞いたことはないだろうか。世界のどこかに、市民の健康を危険にさらしているとして、行政訴訟を起こされている国もあったはずだ。バングラデシュ石油公社の近視眼的決定で、これから先、貧しく無知な国民が死んでいくだろう。我々が目を向けるべきなのは、死んだイルカの探索だけではない。人間への汚染だ。

商船や貨物船がシュンドルボンの川や水路を通行することを禁止するよう政府に求める運動が続いていた。政府が有効な手を打たなければ、バングラデシュは、今回の環境危機の処理にあたって、ずっと市民社会やボランティアに頼ることになるだろう。