See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

中国:官僚の間にはびこる自殺、「流行」は止められるか

(原文掲載日は2016年6月15日)

Photo by Evan Lavine. CC BY-NC-ND 2.0

画像:エヴァン・ラヴィン CC BY-NC-ND 2.0

官僚の間で広がる自殺の波が、さらに2人の命を奪った。6月12日、広東省の官僚2人が自殺した。省党委副書記であった劉小華が自宅アパートで首を吊り、深セン市塩田地区幹部であった肖壁博が橋から飛び降りた。

2014年以降、中国政府では80人以上の官僚が自殺もしくは「不自然な死」を遂げている。彼らの多くはその生を終えた時、汚職の追及にさらされていた。状況があまりに深刻であるため、一部の報道機関ではこれを自殺の「流行」と表現した。

政府系メディアの報道では、官僚が自ら命を絶つ原因は仕事のプレッシャーやうつだという。しかし自殺の急増は、中国政府が進めている反汚職運動と関係があるように見える。つまり、追及を終わらせるために自殺するのだと、多くの国民が信じるように仕向けているのだ。世間も同情しているわけではなく、彼らの死が究極の汚職隠ぺいと見られることも少なくない。

そのため、官僚の自殺に関するネットニュースに対し、卑劣なコメントや辛辣な言葉を目にするのは珍しいことではない。たとえば劉小華が死亡した時はこうだった。

死了你一个,平安千万官!
弃车保帅,这就是官场斗争
官太多,多点自杀好!

1人死んだが、何千もの官僚はまだ生きている!
トップを守るために側近が死ぬ、これが政府内の権力のロジックだ。
官僚は多すぎるのだから、もっと自殺すればいい。

官僚の自殺が急増していることから、この問題に対処しようと試みたり救済策を探そうとしたりする者もいる。

一般的な心情に同調するように、コメンテーターの余胜海は反汚職運動の力を拡大することを提案した。刑法を改正し、死亡した官僚の家族から汚職金を没収する権限を裁判所に与える方法だ。

绝大多数官员是畏罪自杀。他们自认为在罪行败露之前,为了掩盖贪腐之实选择自杀是贪腐官员最好的逃避方法,只要“死无对证”,以前的贪腐烂账便无从查起,既可以全自己的名声,又能保住赃款,不给家人子女留下耻辱的骂名,“牺牲我一个,幸福一家人”。[…] 当前,无论是官场“潜规则”,还是“明规则”,都不利于查明官员自杀的真相。[…] 按照刑事诉讼法第15条的规定,犯罪嫌疑人、被告人死亡的,不追究刑事责任,这样一来就放纵了贪官。
针对越来越多的官员非正常死亡事件,应该修改法律,来应对贪官以自杀的方式来逃避法律制裁,而不应再死守“人死就不再追查”的旧规。贪官即使自杀身亡,也要一查到底,对于畏罪自杀者应该没收其赃款,不让其家人或其他既得利益者钻法律的空子,逍遥法外。这既有利于减少官员“抑郁自杀”,也有利于反腐走向深入。

ほとんどの官僚は恐怖心から命を絶ってしまいます。彼らは汚職を隠ぺいするには自殺が最善の方法だと気づいたのです。死者は自身の罪について問われても答えられませんから。自殺はまた彼らの名誉を守り、汚職金を隠し、さらなる追及から家族を守るためにも最善の方法です。「家族全員に幸せをもたらすために自身を犠牲にする」、理屈はそれだけです。(中略)現在は、不文法も成文法も、官僚の自殺の裏に隠された真実を暴く助けにはなりません。(中略)刑法第15条によると、刑事事件の容疑者は、死亡した場合には一切の刑事責任能力を持たないとされています。これが法律上の抜け道となり、汚職をした官僚たちは自殺という選択をしてしまうのです。

官僚の間で不自然な死が増えているからこそ、法律を改正するべきなのです。そうすれば法の施行によって、容疑者の死後も調査を続けることができるのですから。汚職金を没収する法律を模索すべきです。その結果、誰も自殺によって得をしなくなり、官僚の自殺やさらなる反汚職運動の数を減らせるはずです。

しかし余胜海が見落としたのは、通常の犯罪調査とは別のルートで反汚職運動が行われているという点だ。官僚の自殺率が上がった頃の2014年、熟練の弁護士である陳有西は次のように書いている。「中国の汚職調査は、中国共産党中央規律検査委員会の管轄である。この委員会は中国共産党の機関の1つであり、「双規」を行う権限を持つ。双規とは、政党内および政府内の汚職容疑者に対し、党内で行う懲罰措置である。中国の司法は共産党が主導しているため、一度容疑者が裁判にかけられれば、裁判所の判決は党の判断と一致する。自由で公正な裁判の余地はないのだ。」

陳有西の動きに注目している@jamescao2016は、この件を司法権の独立法の統治に関わる問題の1つとして見ていた。彼はソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」に、長く思慮深い投稿をした。

开始,看见官员这样死那样死,我心里是有一丝幸灾乐祸的。

但是,当我看到越来越多的官员,跳楼,溺水,上吊,喝药……
心里就不是滋味了。

按道理,作为官员,无论经济条件,还是社会地位,都比一般屁民好的不是一点半点。
为什么依旧会自杀,或者被自杀?

不管他们生前如何,死了,都现场患上了“忧郁症”。
好像突然之间,官场以忧郁症为荣,以自杀为流行时尚。

中国奋斗了67年,为了狗屎主义已消耗了三代人,得到了一个什么样的社会?

内无精神,外无尊严。
如同陷入一个迷宫,或者噩梦,找不到出路,挣不脱恐惧,得不到幸福。

曾经,老耄把中国搞的乌烟瘴气,把开国元勋知识分子社会精英屠杀的干干净净。
那时候的官员,在批斗打压监狱里,还有咬牙死挺坚持的毅力。

现在,没看见批斗,没看见羞辱,没看见毒打,没看见众叛亲离,走投无路,为什么这届官员会这样络绎不绝的死去?

这需要每一个人讨论和思考的问题:中国现在这个状态正常吗?

政府的职责,是保护每一个人的合法权益和人身安全,包括官员的。
官员,贪腐了,作恶了,有罪了,应该由法律去审判和惩罚。
不应该,也不能够,就这样“扑腾”“扑腾”各种姿势死去。

如果依旧是老耄的那一套,中国,会越来越恐怖和暴力,越来越疯癫和倒退。

所以,要求民主自由,不单单是觉醒公民的诉求和梦想,也应该是每一个中国人的包括公务员官员的。[…]

必须要求法治:要求在公平独立民主自由的框架下,依照宪法来治理国家。

まず、官僚たちが死んだいきさつをあれこれ読んで、彼らが苦しんだことに喜びを覚えた。
しかし次々にビルから飛び降り、入水し、首を吊り、毒を飲んで自殺していく……気分のいいものではない。

一般的に、官僚は一般人より経済的にも社会的地位にも恵まれている。

それなのにどうして彼らが死を選ぶのか、あるいはそうさせられるのか。

生前がどうだったかに関わらず、一旦死んでしまえば、彼らはみんなうつで苦しんでいたことにされる。

まるでうつが栄光の証で、自殺が官僚にとってすばらしい振る舞いであるかのように。

中国は67年もの間ずっと闘ってきた。1949年以降、共産党が第2次国共内戦に勝利した時からだ。3世代にわたってろくでもないイデオロギーに全力を捧げてきた結果、今の私たちはどんな社会に生きているのか。

内では精神的に空っぽで、外からはちっとも良く思われていない。

まるで迷路か悪夢に迷い込んだようだ。出口も幸せもなく、あるのはただ恐怖だけ。

かつて、元主席の毛沢東が中国を台無しにし、国家の創始者や知識人の多くを死に追いやった。

当時、官僚は抑圧され、投獄された。しかし多くは訴訟を耐え抜き、生き残った。

今は国による起訴も、屈辱も、拷問も、密告もなく、選択することさえできる。それなのになぜ彼らは死を選ぶのだろうか。

これは普通のことなのか。私たち一人一人が考えなければいけない問題だ。

個人の安全を守るのが政府の責任であり、そこには官僚も含まれる。もし官僚が堕落したり、悪に手を染めたり、罪を犯したりすれば、彼らは法で裁かれ、罰を受けるべきである。

こんな風に死ぬべきではないのだ。

もし私たちがかつての毛沢東を支持すれば、中国は恐怖や暴力、狂乱に陥ることになるだろう。民主主義と自由の要求は、目を覚ました市民からだけでなく、すべての個人からなされるべきだ。そこには公務員や官僚も含まれる。(中略)

私たちは法の支配を守るべきだ。憲法にのっとり、公平、独立、民主主義、そして自由という原則に従って、国を治めなければならない。

自殺原因の第1位はうつの未治療である。うつは治療できる病であり、自殺は防げるものだ。自殺願望や同様の感情的な危機に陥った時は、秘密厳守のサポートラインに助けを求めることができる。Befrienders.orgを閲覧すれば、自国の自殺防止ヘルプラインを探すことが可能だ。
校正:Maki Ikawa