See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

「スボードよ逃げろ」バングラデシュ首都に突如出現した壁画アートの謎

「スボード、どうか逃げてくれ、お前の運は尽きた」。スボード・シリーズのグラフィティ画像。使用許可済み。制作者不詳。フェイスブックページ「HOBEKI ?」より。

そのグラフィティは2~3か月前、バングラデシュの首都ダッカに出現し始めた。例えばアガルガオン地区には、太陽が入った鳥かごを手に逃げる男などの奇妙なストリートアートが突如現れた。絵には不気味な警告が添えられている。「スボードよ逃げろ、お前の運は尽きた」

その後数か月で、ダッカじゅうの他の地区にも類似のグラフィティが出現した。人々がその写真をフェイスブックに上げ始めて、瞬く間に蔓延したようだ。しかし、誰が何のために描いたのかはどこにも書かれていない。作品を締めくくるのがまた謎の言葉だ。「ハブ・キ?(これからどうなる?)」

ソーシャルメディア上の声の多くは、このグラフィティ作家をバンクシーになぞらえている。あの英国拠点の有名な覆面グラフィティ・アーティストかつ政治活動家である。

作品はグラフィティ用ステンシルとスプレー塗料を使う、バンクシー流の手法で描かれている。『スボード・シリーズ』には政治的メッセージも込められている。

ルバイダ・メフディ・アニクはフェイスブックにこう書いている。

“সুবোধ তুই পালিয়ে যা”
গ্রাফিটি গুলো কে বা কারা করেছেন, জানি না। হয়তো কখনোই জানবো না, জানা হবে না!
সারাজীবন Banksy'র গ্রাফিটি দেখে যে ছেলেটা ঘুম নষ্ট করেছে, তার কাছে সুবোধের আবেদন যে কোনখানে, বোঝানো যাবে না।
“সুবোধ” যার বা যাদের হাত ধরেই আসুক, ভালোবাসা রইলো।

「スボード、どうか逃げて」
このグラフィティを描いたのが誰かは知らない、たぶんこれからも知ることはないだろう。
バンクシーのグラフィティを見て育った者なら、スボード・シリーズの良さがわかるはず。
この作者大好きだ、それが誰だったとしても。

「スボード、お願い逃げて。今は時機が悪い」。スボード・シリーズのグラフィティ画像。使用許可済み。

スボードは疎外された貧困層か?

なぜグラフィティの作者はスボードを逃がしたいのだろうか。よくある推論が、作者はこの国の社会的、経済的、政治的危機を投影している、というものだ。

ジャーナリストのトゥシャル・アブドラは、デイリー・バングラ・トリビューン紙の論説欄にこう書いている

সুবোধ কেন পালাবে? পালাতে চাইতেই পারে সে। সাধারণ খেটে খাওয়া মানুষ সে। তাতে রুজির জন্য পথে নামতে হয়। পথে নামামাত্র তাকে জিন্মি হয়ে পড়তে হয় পরিবহন শ্রমিক-চালক-মালিকের স্বেচ্ছাচারিতার কাছে। যখন যেমন খুশি ভাড়া আদায়। ইচ্ছে করলে বাসে তুলবে, আবার গলা ধাক্কা দিয়ে নামিয়েও দেবে। প্রতিবাদ করলে ধর্মঘট। সুবোধ এই স্বেচ্ছাচারিতার মধ্যে বাঁচে কী করে? রোগ-বালাই নিয়ে হাসপাতালে ছুটতে হয়। সেখানে আবার চিকিৎসক-নার্স-ওয়ার্ড বয়ের দৌরাত্ব। সেই দৌরাত্ব সইবার পরেও যদি ঠিকঠাক চিকিৎসা মিলতো তাহলে মনকে বোঝানো যায়। সেখানে আবার ডাক্তারে ভেজাল, ওষুধে ভেজাল, রোগ নির্নয়ের রকমারি পরীক্ষায় ভেজাল।[…]

なぜスボードは逃げねばならないのか。彼は本当に逃げたいのかもしれない。彼は普通の日雇い労働者で、仕事はきつい。街に出たら公共交通機関がストライキで止まっている。大手の運輸業オーナーと職員、運転手がぐるになってストをやっていて、彼らの給料は上げ放題だ。文句を言ったらバスから放り出される。抗議行動は新たなストの口実にされる。この混乱をスボードはどう乗り切ればいい? 病院に診てもらいに行く。そこは医者、看護師、介護人の一団が支配しているところだった。せめて、こちらの望む治療をしてもらえるなら、気にならないだろう。しかし無免許医や偽造薬、期限切れの薬に病理検査の食い違いなど、問題は起きている[略]

「スボードは今、獄中にいる。人々の心に罪悪感を植えつけて」。スボード・シリーズのグラフィティ画像。使用許可済み。

スボードは部族間対立の犠牲者か?

スボードはヒンズー教徒によくある名前だ。ヒンズー教徒はバングラデシュ総人口の約12%を占める。当然ながら、バングラデシュ内の少数派であるヒンズー教徒に対する差別や嫌がらせと、この作品を結びつけて考える人もいる。

アリフール・サブジはフェイスブックにこう書いている。

সুবোধ, এটা ৯০ শতাংশ মুসলমানের দেশ। এখানে ফতোয়া দিয়ে বিচার করেন শফি হুজুররা। ন্যায় বিচার, লেডি জাস্টিস এসবের এখানে কাজ কি?
তুই পালিয়ে যা সুবোধ, তাতেই মঙ্গল।

スボードよ、ここは9割方ムスリムの国だ。ファトワ(宗教令)を広めるシャフィ師のような宗教右翼がいる。(著者注:バングラデシュはイスラム法を持たない。しかし宗教右派政党は様々な問題に関し、宗教令を課そうとしている)。法の支配、女性の権利--これら全てが失われたからといって嘆いている場合ではない。スボードよどうか逃げてくれ、君の暮らしがかかっている。

高名な詩人シャムシュル・ラーマンによる昔の作品に「スダンシュは行こうとしない」という詩がある。少数派ヒンズー教徒が、多数派イスラム教徒の迫害により隣国インドに移住している、という問題に触れた詩だ。

スボード・シリーズが影響を受けたのはまさにこの詩だ、と思う人は多い。

পাগলামী করিসনে বন্ধু সুধাংশু
সময় যে পার হয়ে যাচ্ছে
এবার যে তোর পালানোর বেলা
জিদ করিসনে বন্ধু, এখনই তুই পালা। [..]
কোথায় সেই রামী, শেপু, কাকলী আরও সেই প্রিয় বন্ধুগুলা
ওরা যে সবাই পালিয়েছে, এবার তোর পালা।

わが友スダンシュよ、頼むからしっかりして
もう時間がない
今こそ君が逃げるとき
余計なことを考えないで、さあ行くんだ。[中略]
旧友のラミやシェプ、カコリたちはどこだって?
みんなもう行ったよ、さあ君の番だ。

「スボードよ逃げてくれ、今は時機が悪い。人は愛することを忘れた」。スボード・シリーズのグラフィティ画像。使用許可済み。

フェイスブック上でのカジ・ルクシャナ・ルマの説によると、スボードは「バングラデシュを表している」という。

সুবোধ তুই পালিয়ে যা। এখন সময় পক্ষে না'। এই সুবোধই এখন বাংলাদেশের প্রতিনিধি। বেকারত্বের প্রতিনিধি, অর্ধেক জনগোষ্ঠীর প্রতিনিধি। শুভ বোধের প্রতিনিধি। মুসলিম ধর্ম ছাড়া অন্য যে কোন ধর্ম, বর্ণ, গোত্রের প্রতিনিধি। বুকের মধ্যে জ্বলজ্বল করা সূর্যটাকে খাঁচায় পুড়ে যে শুধুই ছুটে বেড়ায়। দেখি আর দম বন্ধ করা কান্না আমাকে ছিঁড়ে খুঁড়ে খায়। শুধু মনে মনে বলি ‘ভাগ মিলখা ভাগ, সুবোধ পালিয়ে যা'। কিন্তু কোথায়??????????????

「スボード、どうか逃げて。今は時機が悪い」。このスボードは現時点のバングラデシュを表している。彼は失業者や社会のはみ出し者の代表であり、良識の象徴、他人種やムスリム以外の宗教の代弁者だ。彼はギラギラ輝く太陽を入れた鳥かごを抱えて逃げている。これを見ていると私は、彼を待ち受けるだろう恐怖に圧倒される。「逃げて、ほらしっかり、サボードお願い、逃げて」と胸の内でつぶやく。しかしどこへ逃げればいい???

「ハブ・キ?(これからどうなる?)」--スボード・シリーズのグラフィティ画像。使用許可済み。

不穏で不可解なメッセージをはらんだグラフィティがダッカに溢れかえるのは、これが初めてではない。

1990年代ダッカ大学構内で、ある一文だけの落書きが定期的に出現した。「アイジュディンは苦しんでいる」と書かれていた。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.