· 1月, 2011

記事 ニュース速報 from 1月, 2011

レバノン: エジプトを支持する抗議活動

エジプトでのデモ支持に向け結束した抗議活動が、レバノンの首都ベイルートにあるエジプト大使館前で行われている。30年間支配を続けるホスニ・ムバラク大統領に反するエジプト人が結集し、世界中で同様な抗議活動が報告されている。

エジプト:金曜日は怒りの日

エジプトのツイッター上では、週末にかけて新たなデモ行動が行われるとの予想が多く投稿されている。「百万のエジプト・デモ行進」と名付けられた。これ以上の混乱は許さないとの政府からの警告にもかかわらず、金曜日には空前の規模のデモ行進が全国で展開される見込みだ。

エジプト: ツイッターから見る革命の日

少人数の集まりから、エジプトの各都市を行進する大規模なデモ集団にいたるまで。ツイッターは炎上するほどの盛り上がりをみせている。 この全国的な「革命の日」が祝日(警察の日)と重なったこともあり、様々な生き方をしている、幅広い政治思想の持ち主が大勢集まり、ホスニ・ムバラク大統領の30年に渡る支配に対する抗議行動を起こした。

ロシア:空港で自爆テロ、その時ツイッターでは

モスクワのドモデドヴォ空港で大規模な爆発が起こり、少なくとも35人が死亡し、約70名が負傷した。この爆発は自爆テロによるものだと断定されている。多くの情報源から情報が流れてきており、ツイッターではハッシュタグ#Domodedovoを使ったツイートが爆発的に発生した。

アラブ諸国:「スーダンについて嘆くのは止めよ」

1月9日の独立をめぐる住民投票に伴い、スーダンはアラブのツイッター界の関心の的となっていた。サウジアラビアからパレスチナに至るアラブのツイッター利用者達が、スーダンの団結と分割、資源について議論を交わしたのである。

チュニジア:抗議の叫びが世界中に響き渡る

ここ二週間に渡り、政治的腐敗と失業の多さに抗議してきたチュニジア人の叫びが、ウェブ上で勢いを増している。世界中のネット市民達が、彼らの味方となり、その叫びに同意を示しているのだ。

チュニジア:喜ばしいベンアリ政権の終焉

4週間にわたる国民の抗議運動の末、チュニジアのザイン・アル=アービディーン・ベン=アリー大統領が金曜に出国し、23年の政権に終止符を打った。政府当局は非常事態を宣言し、モハメド・ガンヌーシ首相が暫定大統領として就任することを同氏が国営テレビで発表した。これらは首都チュニスの中心街における抗議者と機動隊の間の激しい衝突の後のことである。そもそも事態はベンアリ氏が2014年の満期終了後、辞任する旨を発表した後に発展した。暴動はシディブジッドの中心街からはじまり、他の地方、そして首都チュニスまで広がりながら数週間続き、ベンアリ氏は国外に追いやられた。Twitterやブログ上では数多くの反応が見られる。