See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

マレーシアに新しい時代到来 60年に及んだ与党支配に幕引き

マレーシアの団体Bersih(ブルシィ 訳注:マレー語でクリーンという意味)
ある集会にて、公明正大な選挙プロセスを求める。写真提供:フェイスブック

60年間にわたってマレーシアにおける政権与党であった「国民戦線(BN)」は、2018年5月9日、第14回総選挙で敗北した。

国民戦線(BN)主導の政権は、複数の汚職事件に関与していたナジブ・ラザク氏が率いていた。ラザク氏は、これら汚職疑惑に関する説明責任や透明性への追及を抑圧しようとしたことにより、ますます評判を落とした。

マレーシアはこれより、92歳のマハティール・モハマド博士によって導かれる。マハティール氏は、2003年に引退するまでの22年間首相を務めた。ラザク氏に、そしてかつて自らが率いた与党連合に対抗するため、野党である希望連盟(PH)の主導者として政界に復帰していた。

第14回総選挙の最終結果は、ラザク内閣の失政に対する大多数のマレーシア国民の不満を反映するものとなった。マレーシアのネット市民たちの多くは、歴史的な投票結果を称えた。

信じられる?

私たちが勝利した。

2018年5月10日3:30AM、国民戦線はもはや私たちの支配者ではない。数時間後には地平線の向こうから太陽が昇ってくる。

なんて感動的なんだろう。新しいマレーシアが待っている。

未来が私たちを待っている、そろそろ寝ようかな。

今日、歴史が作られた。

・61年ぶりの新政権
・マレーシア初の女性副首相
・最年長候補者(93歳)の当選
・最年少候補者(22歳)の当選

誇りある初めての投票者がここに!

就任初日、新首相がツイートした。

あらためて……就任初日の業務

マハティール大統領は、汚職に関わった政府機関に対する調査を約束し、また、野党時代に公約した、圧政的な法律や税、政策の撤廃を実行すると改めて表明した。

「1MDB(1マレーシア・デベロップメント・ブルハド、訳注:国有投資ファンドであり、ラザク前首相また関係者に、多額の資金が不正流用されていた疑惑がある)の大部分の資金を取り戻せると信じています。シンガポールやスイス、ジョー・ロー氏の元に流れたことは周知なのですから」マハティール博士
——–
「圧政的で不公平な法律を無効にすることも考えています。フェイクニュース対策法については撤廃するつもりです」マハティール博士

独立系ニュースサイトのマレーシアキニは、野党が勝利したことの重要性を強調した。

This is the day Malaysians experienced the power of the ballot.

Anger towards the current administration had brought them out in large numbers to cast their votes in the historic 14th general election.

This is the first time the country has witnessed a change of government since independence from the British in 1957.

今日は、マレーシア国民が1票の重みを実感した日である。

歴史的な第14回総選挙における投票数の多さは、現政権に対する怒りを浮き彫りにするものであった。

1957年に英国から独立して以来、この国が初めて経験する政権交代だ。

記事では、新政権に対し、国を「治癒する」ために差し迫り必要な改革を強調した。

Now the hard work begins. No one should be under the illusion that a new government would be able to reverse the rot that had taken root for decades.

For a country that is so divided, it would take time to heal the wounds, and for Malaysians to rebuild the trust for one another and for the many institutions that have failed them.

大変な努力を要するのはこれからだ。数十年間にわたって根付いてきた腐敗が、新政権によって一転されるだろう、という幻想は誰も抱いていないはずである。

このように分断されてしまった国にとって、傷が癒えるまでには時間を要するであろう。またマレーシア国民にとっても、再び互いを信頼し合うのは簡単ではないであろうし、国民を失望させた多くの組織への信用が回復するのは、まだまだ先であろう。

市民社会団体アリランもまた、新政権が直面する課題をいくつか列挙しつつ、第14回総選挙の結果を称賛した。

Aliran salutes the people of Malaysia who rose up, braved the odds stacked against them and used their vote to make this happen. We salute too the many women and men who worked (many of them for decades) in bringing about the awareness necessary for this change to take place.

The outcome of the general election is a testament to the power of the people to bring about change. Around the world, Malaysia has set a good example ? that of People Power and that of a peaceful transition of government.

PH must work towards dismantling the many structures which have kept the corrupt in power for so long. This also entails, among other things, curbing the power of the executive and the restoration of other institutions badly tainted by political interference.

アリランはマレーシアの人々に敬意を表する。彼らは立ち上がり、不利である状況に果敢に立ち向かって、今回の結果を実現させるために票を投じた。また、この変化のために必要であった、人々の意識向上に向けて働きかけてきた多くの女性たち男性たち(その多くが数十年間にわたって尽力してきた)にも敬意を示したい。

総選挙の結果は、変革をもたらす人民のパワーを証明するものである。マレーシアは、人民のパワーと平和的な政権移行についての好例を世界中に示した。

希望連盟(PH)は、長期政権において不正を続けてきた多くの体制を解体すべく尽力しなければならない。またこれには、行政権力の抑制および、政治的干渉によってひどく腐敗したその他組織の再建が何よりも必要である。

このツイートは、歴史的な第14回総選挙から1日経った後の、多くの人々の気持ちを簡潔に言い表している。

希望連盟(PH)が勝利したとしても、変化はすぐには訪れない。修復されるべき多くのことがまだ残っているし、変化が実際に起きる時まで辛抱強くいなければ。平和を持続させることに心を傾けて、より良い明日のために、より良いマレーシアのために、状況を見守りましょう。

校正:Miki Masamura

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.