See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

スリランカ:記録的大洪水への対応

スリランカで発生した洪水で100人以上が死亡した。『World is One News』のYouTubeのスクリーンショット。

(原文掲載日は2017年5月28日)

島国であるスリランカは、過去10年で最悪の洪水被害に襲われている。5月下旬に多い南西のモンスーンが引き起こした大雨により、15の地域でカル河、ケラニ河、ギン河、ニルワラ川、アタナガル・オヤ川などが氾濫した。いずれも国の南部や西部に位置する河川である。

2017年5月28日のスリランカ災害管理センターの報告によると、洪水と土砂崩れで126人が死亡、100人近くが行方不明となった。5月26日以降、40万人以上が被災、およそ10万人が304か所へ避難した。

雨は5月27日に弱まり、水位が元に戻り始めた地域もある。未だ孤立している地域では健康面や衛生面が大きな課題だ。

以下は洪水の被害の大きさを示す画像や映像である。

モラワカの大洪水

タワラマの洪水では水位が24フィートになった。

アッザム・アメーン氏スリランカ・ツイートなどのTwitterユーザーは、洪水の状況を定期的に更新していた。災害の状況を知るために#FloodSLというハッシュタグを使っていた人も多い。

このまま雨が続けば、スリランカの深刻な洪水でデング熱の危険が高まる可能性があるとセーブ・ザ・チルドレンが警鐘を鳴らしている。

今朝も洪水が続いているネルワのバス停は水位が20フィートになったよ。

ゴールのモラゴダ村も洪水だ。モラゴダのエッラで昨日の水位を超えてしまった。

政府は救援措置を強化しつつある。スリランカ軍兵士1,600人以上が、被災地域で洪水や土砂崩れからの救出活動に従事している。空軍は救出活動に航空機5機を派遣し派遣し、浸水した村に取り残された住民への救援物資を届けるため、さらに5機を準備している。

西部と南部の洪水で被災したすべての学校は明日も引き続き休校となる。

スリランカは、国際連合、国際捜索救助諮問グループ(INSARAG)、近隣国などに対し、被災した人々への援助を要請した。乗員125人を伴った医療物資を運ぶインド海軍の船が27日から首都コロンボに停泊しており、さらに2隻がまもなく到着するという。

さまざまな組織や新興企業も支援に向かっている。Help Flood Victims in Sri Lanka2017 Disaster Relief – Information Desk- Sri Lanka(訳注:リンク先のページ名はFlood & Disaster Management Forum – Sri Lanka 2018に変わっている)などのFacebookページでも、洪水の状況や人道的支援に関する重要な情報を発信している。洪水被害への支援にTwitterを使う人々もいる。

支援の手を差し伸べてくれる方へ。ボランティアやドナーが必要です。ご協力をお願いします。

活動にドローンを必要としている捜索・救助チームの方は、0774844639までご連絡ください。

#スリランカ洪水の被災者に固形食糧や必需品を寄付したいと思っている方へ。

今日はキャラニヤとヒンブタナのあたりにいます。もしその地域で助けを必要としている動物たちがいたら、0777449729か0777843841へお電話ください。

タクシー配車アプリ『PickMe (Sri Lanka)』では、アプリを通じて被災した人に居場所をシェアするよう呼びかけている。そうすることで災害管理センターに通知が届くのだ。

@PickMeLKから災害管理センターに場所を教えてください。

昨年、サイクロン「ロアヌ」がもたらした被害の影響が残る中、PickMeは「洪水支援」ボタンを導入した。これによりユーザーは救助の車を呼ぶことができ、スリランカ赤十字社への寄付も無料で行える。また「SOS」ボタンも導入されたことで多数の要請につながり、洪水や土砂崩れで孤立した人々をボートで救助した回数は150にのぼる。

政府と、さまざまなソーシャルメディアプラットフォームを最大限に活用する民間人との連携で、身動きのとれない住民を安全な場所へ連れていったり、救助活動を通じて支援したりしている。これ以上命が奪われることを防ぎ、スリランカの人々は長い復興への道のりに向き合っている。

校正:Tomoka Saito

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.