See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

フィリピン:反乱将校らがマニラのホテルを占拠

更新情報: 反乱グループのリーダーは投降した模様。

Dave Lloritoは以下のように書いている

午後5時10分、トリリャネス上院議員とリム将軍は、死者を出さないためー彼ら自身の命を守るためホテルの外に出てきた。装甲車や特別機動隊が出動した以上、彼らは投降するより道がなかったのだ。 そもそも彼らが「クーデター」を呼びかけるなんて馬鹿げているんだ。ホテルでクーデターを起こす?まったく無能な奴らだ。

それより少し前、Philippine Commentaryはマニラから以下の記事を書いている

マカティのペニンシュラホテルへの攻撃はまだ続いている。 フィリピン警察の特別機動隊がホテル前の報道陣の前に姿を見せたが、さっき聞こえた銃声はほかの場所からだった。機動隊は報道ヘリから見える範囲であちこちの方向に動いている。

どうやら新たなクーデターの試みだったようだ。

AWBholdings.comのブロガーは、“マカティのトリリャネスとリム:別のクーデター?” というタイトルの記事で以下のように書いている。

現在マカティで何かが起こっている。アントニオ・トリリャネス上院議員がダニーロ・リム将軍とともに、マカティ地方裁判所でクーデターについての審問から抜け出した。彼は今アラヤ通り(Ayala Avenue)を歩いている。

アントニオ・トリリャネスと兵士達は2003年からのクーデター計画に関する審理中だった。彼らは審理中の裁判所を抜け出してマニラペニンシュラホテルへ向かい、報道陣に対し声明を発表した。

Wikipediaのトリリャネスの項目(英語)では、彼の経歴についてもう少し詳しい記述がある。

彼は2003年のオークウッド反乱事件での役割で知られている。これは、トリリャネスと321人の武装兵士がマカティ市内のオークウッドアパートを占拠し、爆弾を仕掛けてアパートを爆破すると脅した事件である。2007年5月の総選挙でトリリャネスは反政府側の野党連合(Genuine Opposition)の公認候補者として上院議員に当選し、2007年6月30日にその職務に就いた。トリリャネスはフィリピンで初めて獄中で当選した上院議員となった。

Mukamo.comは、以下のように書いている

トリリャネスは人々に参加を呼びかけてもいた。“Magsama-sama tayo. Nanawagan po kami sa taongbayan na naniniwala sa pagbabago. Join us po,” と発言している。元副大統領のテオフィスト・ギンゴナ(Teofisto Guingona)は反乱兵士とともに行進し、この行動はアロヨ大統領による「道徳的に破綻した」政権への拒否を求める様々な陣営の一部だと発言している。

Warrior Lawyer は、 政府の反応について述べている。

不意をつかれたアロヨ大統領は、事態を見極めるため急いで国家安全評議会を招集した。

今のところフィリピンの古典的な膠着状態である。どちらの陣営も声高に声明を発表しつつ事態が展開するのを見守っていて、暴力的な衝突を仕掛けようとは思っていない。

このブロガーはまた以下のようにも書いている。

現在のところ、アロヨ大統領を引きずり下ろせるだけの「民衆の力」を呼び起こすために民衆の同情を買おうとするでたらめな試みにしか見えない。そんなことよりペニンシュラホテルとはいい場所を選んだものだ。少なくともうまいコーヒーは保証されているだろうね。

Touched by An Angel のブロガーは、反乱の動機を疑っている

トリリャネスはかなりユニークだ。オークウッドホテルの次はマニラペニンシュラホテルの2階に司令部を設置した。なぜみんながトリリャネスに投票するのかもう不思議には思わない。何と言うか、貧困から我らを救おうとは彼はなんて高貴なんだろうね。 僕が貧困に同情するとしても、痛みに対してはかなり我慢強いと思う。しかしトリリリャネスの今回の試みには権力欲が動機になっている気がしないでもない。2人の司教、元副大統領テオフィスト・ギンゴナ、そして何人かの民間人がホテルにいるトリリャネスに加担した初めの支持者達だ。

NancydrewandmeのCathyは 以下のように情報をアップデートしている

政府はトリリャネスに対し投降期限を午後3時と定め、宿泊客のいなくなったホテルから出てくるように求めている。ホテルは89%の稼働率だったのに!今は午後3時20分。彼らはどうするのだろう?迫撃砲をペニンシュラに打ち込むのかしら?そうならなければいいけど。トリリリャネスとその仲間達はこの場所を離れないと言っているし、グループがマカティのニノイ・アキノ記念スタジアムに集まり始めている。それにマグダロ達は彼らの大義への同情を得るために2人の司教もつけている。

Leigh Reyesは、なぜ彼らがペニンシュラホテルに立てこもったのか不思議に思っている

どうして彼らはペニンシュラホテルを選んだのかな。ビュッフェ?アモルソロの天井絵画?それとも2階にピアノとボンゴドラムがあるから?

原文:Preetam Rai

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.