Jiro Tominaga

Interested in IT

Eメール Jiro Tominaga

最新の記事 Jiro Tominaga

ボリビア初、アイマラ語でセキュリティアプリが利用可能に

「言葉は自分たちのアイデンティティ。言葉を失えば、伝統、文化、歴史、先人の知恵……すべてを失うことになる」

ウガンダ:バケツを使ったコミュニティラジオ “RootIO”

RootIOのオープンソース・ツールキットが実現する、身近な材料で作れる超小型のコミュニティラジオ局

サウジアラビア:イエメンでのイギリス製クラスター弾使用中止を約束

サウジアラビアが、イエメン空爆でイギリス製クラスター爆弾の使用中止を約束。 同兵器はクラスター弾に関する条約で禁止されている。



トリニダード・トバゴ:「ダブルス」値上げで広がる動揺

トリニダード・トバゴで人気の高い朝食メニュー、ダブルス。 原材料価格の上昇とは無関係の値上げ発表をした販売店が、非難を浴びている。

ピンク・ドット2015 : 2万8000人が性的少数者 (LGBT) の権利を主張

「誰にでも愛する権利、自分らしく生きる権利があると信じている」

リベルランド:バルカン半島の新しいミクロネーションが国民募集中

市民権の申し込みは、写真付きIDと添え状を添付してメールを送るだけ。クロアチアとセルビアの国境地帯にできたリベルランドが、新しいミニ国家になる可能性はあるのだろうか?

Googleストリートビューでバングラデシュを探検しよう

2月5日にGoogleストリートビューがバングラデシュでもスタートした。 あるFacebookのユーザーは、自宅のベランダにぶら下がった自分の腰巻き布を見つけた時の驚きを投稿している。

フランス発新興企業: スマートホームの普及に意欲

進化しているのはスマートフォンだけではない。スマートサーモスタットで自宅の暖房をコントロールし、ネットにつながった機器で自宅のCO2の濃度を測定する。フランス新興企業の技術なら、そんなことも可能になる。

オサガメ:知られざる5つの興味深い事実

産卵シーズンがやってきた。毎年、プエルトリコの砂浜に産卵のために戻ってくるオサガメのことを知ろう

バングラデシュ初のLGBT向け雑誌 “Roopbaan” が刊行

「バングラデシュもついに進歩しつつある。ゲイを理由にバングラデシュを去らなくてはならなかったが、今はバングラデシュに戻り、 何か出来ることをしたいと思っている」