See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 フランス

2017/10/01

なぜフランス人イスラム教徒である芸人のサミア・オローズマンは自分をUFOのような存在と言うのか

宗教やジェンダー差別なんて、ジョークにして一緒に笑い飛ばしてしまおう!

2017/05/06

マリーヌ・ル・ペンが蒸し返すヴェル・ディヴ事件の責任とは?

1942年のヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(略称「ヴェル・ディヴ事件」)については、1995年に当時のシラク大統領が国家の責任を認め、オランド大統領もその姿勢を引き継いでいる。

2016/11/07

「それでも人々は海を渡る、生きるために」

救援活動を行っているSOS地中海は、ヨーロッパを目指して、地中海で決死の航海を果たした人々に関する記事をブログで公開した。

2016/10/16

ブルキニ禁止 ベールに隠されていた問題

架け橋

女性の服装を規制する法律に注目が集まることで、宗教や文化を越えた問題の深いポイントがわからなくなる。

2016/09/21

フランス:カレー市の移民キャンプで働くボランティアたちにインタビュー

約6000人の難民や移民が暮らすキャンプ、通称「ジャングル」。1週間ここでボランティアをやってみた筆者が、支援活動を行うボランティアたちの声を紹介する。

2016/07/23

もったいない! 廃棄食材で料理を作る、パリのレストラン「フリーガン・ポニー」の戦い

研究者たちの報告によると、私たちが生産しているすべての食糧のおよそ1/3が食卓に並ぶことなく廃棄されているという。そのような廃棄食材をなくすべく、パリに新しく開店したあるレストランが小さな一歩を踏み出した。

2016/03/13

ヨーロッパ中で難民のお腹を満たす、走るキッチン!

難民たちに温かい食事を届けよう。大型バスの移動式キッチンで、ガフール・フセインは今日も料理を提供している。

2015/12/24

音楽がこのインド人女性にとって経済的自立への道だった

エスノ・パンクのバンドTritha Electricを率いるトゥリタ・シンハ。コルカタで育った彼女は音楽の道へ進み経済的自立と自由を手に入れた。

2015/11/16

僕にとってベイルートみたいに愛着のあるパリの街

架け橋

パリ襲撃事件の前夜、レバノンのベイルートでも40名以上が犠牲になる襲撃事件があった。レバノン人で、パリを第二の故郷と思う著者の独白。

2015/11/08

フランスの若者の間で流行る独自の言語、上がる賛否両論の声

フランス語で「2m1」は「明日」、「koi 2 9」は「変わりはない?」という意味らしい。この言葉遣いは一体?その正体を追ってみよう。