· 2月, 2012

記事 メディア/ジャーナリズム from 2月, 2012

インド: 結核との戦いという新たな世界的課題

インドメディア界は先週、てんやわんやだった。というのも、既存薬すべてに対して完全に耐性をもつ結核菌株がムンバイから報告されたからだ。世界保健機関がTDR-TBという用語を否定する声明を発表した。その一方で、ブログ界は名前がどうであろうと、対処しなければいけないとし、大荒れした。

セルビア:アンジェリーナ・ジョリーとのメディア戦争

アンジェリーナ・ジョリーは、彼女の映画監督デビュー作「In the Land of Blood and Honey(原題)」について、ボスニア・ヘルツェゴビナとセルビアでの評判を気にかけていた。そして、彼女の心配は実証されることになった。Sasa Milosevicが、ジョリーの映画が引き起こしたインターネット上での戦争をレポートする。

オンラインハイライト:2011年 ポルトガル語圏の国々より

2011年、ポルトガル語圏の多くの国々でブロガーや活動家が連携、情報を翻訳し、世界中のブログや市民メディアを通じて発表した。本記事では、昨年、グローバルボイスで取り上げたポルトガル語圏の記事から、ハイライトをピックアップする。

アラブ世界: 写真で一年を振り返る― GV著者セレクション

2011年に別れを告げ2012年を見つめる今、GVの著者たちに、去年一年を象徴しているかのように見える写真をそれぞれの国から選んでもらった。以下は著者らが選んだ写真だ。

グアテマラ:サトウキビ畑で働く子供たち

グアテマラのオンラインニュースサイトPlaza Publicaのジャーナリストによって行われた最近の調査で、政府当局が、法律的には児童労働防止に努める一方、過酷な肉体労働であり危険な仕事でもあるサトウキビ畑労働に、14歳未満の子どもたちが携わっているのを認知しているということが明らかにされた。

ミャンマー:ネチズン、BBCに謝罪を要求

ミャンマーのネチズン数人が、BBCが公表した民族集団の分布地図に対し、謝罪を要求している。BBCは地図を訂正したが、未だ正式な謝罪はなされていないと主張している。