· 2月, 2011

記事 メディア/ジャーナリズム from 2月, 2011

セルビア: 街を出よ、Facebookへ行こう

セルビアでも新学年度が始まろうとしている。現地の新聞はインターネット、ネットワークの負の側面について膨大な量の記事を書いている。近頃、セルビアの若者を対象としたFacebookの利用についての調査が公表された。その結果によると、しかし悪いことばかりではないことが分かってきた。

イラン:「アル・ジャジーラよ、イランをエジプトのように報道してくれないか」

エジプトとチュニジアの人たちの名の下、イランのサイバー活動家たちが、2月14日(バフマン月25日)に公式に禁止された大規模デモの後押しをすべく、現実の世界になだれ込んできている。フェイスブックのページは、アル・ジャジーラ衛星局にこの出来事を取り上げるよう求めるべく、行動を起こし始めた。

キューバ:公務員50万人削減

フィデル・カストロがキューバの経済モデルはもはや機能せずと認めた直後(そして続く撤回)、キューバ政府はこの困難な経済状況からの脱却のため、起死回生の策として大量に公務員を削減する予定であると発表した。キューバのブロガーたちはこの政策について議論している。

エジプト:5日目に突入したデモ

広域に広まったデモは5日連続でエジプトを揺さぶり続けており、世界中のネット市民が、現地での事の発展にずっと注目している。レポーターによれば、何百万人ものデモ隊が街頭に繰り出して、ホスニームバラク大統領の30年にわたる支配に抗議したということだ。

エジプト:屋根の上より

エジプトの#jan25関連のツイッター界は進行中の政情不安の話題でもちきりだ。観察者にとって、屋上は特等席となった。Ivan Sigalが、エジプトでの抗議行動3日目の様子を伝える。

ウガンダ:ゲイ活動家デイビッド・カト殺害される

ウガンダのゲイ人権活動家デイビッド・カト氏が、1月26日、殺害されているのが見つかった。同氏はこの数週間前、ウガンダ国民に同性愛者を「絞首刑にしろ」と呼びかけた地元紙を相手取った裁判で勝訴したばかりだった。

エジプト:1月25日の反体制デモのビデオ映像

1月25日火曜日、デモ隊はカイロや多くのエジプトの都市でムハンマド・ホスニ・ムバラク大統領の30年に及ぶ独裁体制に反対してデモ行進した。多くの人が主流のテレビ局のニュースでこの抗議を報道していないと指摘している。市民のジャーナリストはインターネットユーザーに抗議中にたくさんの映像を送信している。