See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

この記事は、GVプロジェクト ライジング・ヴォイセズに掲載されたものです。
ライジング・ヴォイセズは、多くの人はインターネットに接続できない地域で、市民メディアを作り出し発展させる手助けをしています。詳細についてはGVのプロジェクトをご覧ください。
· すべての記事

RSS

記事 ライジング・ヴォイセズ

2019/04/21

メコン川流域:民間説話や言い伝えを役立て環境保全へ

地域に伝わる『人々の物語』を守り、活かすことで、メコン川流域に起こりうる変化に順応してゆく道を探ったり、あるいは、抵抗したりしてゆく方策にもなるだろう。

2019/04/06

ボリビア初、アイマラ語でセキュリティアプリが利用可能に

「言葉は自分たちのアイデンティティ。言葉を失えば、伝統、文化、歴史、先人の知恵……すべてを失うことになる」

2018/09/13

自らの言語スコルト・サーミ語の存続に力を入れるサーミ人女性

ノルウェーやスウェーデン、ロシアそしてフィンランドに居住する先住民族サーミ人は、大人も子供も自分たちの母語であるスコルト・サーミ語を熱心に学習している。最終目標は、スコルト・サーミ語が日常生活で普通に使われる言語になるようにすることである。

2018/04/27

Radio Garden が可能にしたラジオ視聴で世界巡り

2016年後半から、Radio Garden がラジオ視聴を通した世界中の探索を可能にした。

2017/12/21

伝統への熱い思いをヒップホップにのせて ーカナダのファースト・ネーションの若者たち

コミュニティに伝わる歌を自分たちのヒップホップによみがえらせた、ファーストネーションの若者たちと支援者の熱い思い

2017/11/20

ブログ「翻訳不可能」に少数言語のユニークな言葉も登場

あらゆる言語に翻訳の難しい言葉がある。翻訳できない言葉を集めたこのブログでは、これまでほとんど知られていなかった少数言語にも光を当てている。

2017/08/11

セクハラをやめさせる活動にカンボジアの青年たちが参加

なぜセクハラを止めなければいけないか?この課題に立ち向かったのがカンボジアの若きアマチュア映画監督たち。映像作品を通じて、公衆に、とりわけ多くの男性たちに、セクハラがもたらす影響について理解を深めてもらえるように奮闘した。

2017/05/25

将来に目を向けて、カナダの先住民がカセットテープを捨てる日

プロジェクトの支援を受けて、カナダのファーストネーションが貴重な民族遺産を伝えるオーディオカセットのデジタル化に乗り出したという話

2017/05/16

自国の言葉でコンピュータを使いたいでしょ

フリーソフトウェアを少数派言語にローカライズするための12のコツ

2017/05/14

アルメニア:視覚障害者のためのネットラジオが社会参加の道を開く

「アルメニアには2万5000人の視覚障害者がいて、そのうち6000人は全盲です。仕事に就いている人はほんの5%にすぎません」