See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 アフガニスタン

2017/10/18

アフガニスタン:今もなお強制結婚の犠牲になる少女たち

架け橋

アフガニスタンでは、家族間の争いごとの解決のため若い娘を嫁に出したり、生活のために娘を手放したりする「バード」や「バダル」と呼ばれる行為が日常的に行われている。2009年より違法となっているにも関わらず、少女たちは今も家族の犠牲になり続ける。

2017/10/17

最近の空爆による多数の市民の犠牲ーこれはトランプのアフガニスタン新戦略のいけにえか?

米軍のアフガニスタン空爆による市民の犠牲者は、国連によると、2017年前半で43%増加した。

2017/04/22

権力者の慰み者にされたアフガン少年たち:社会復帰の道は?

アフガンで今も続く少年性奴隷「バチャ・バジ」の悪習。話題に上がるのが遅すぎた感があるが、犠牲者を救う政治的手立てはまだこれからだ。

2016/03/08

厳しい議論を引き起こすアフガンでのファッションショー、より開かれた社会を目指して

若いモデルによるファッションショーがアフガニスタンの首都カブールで開かれた。称賛の声があがる一方、議論と非難も沸き起こっている。

2015/06/07

アフガニスタン人ラッパー 歌で児童婚を回避

ソニタ・アリザデはアメリカに住み、学校に通っている。アメリカの地で、アフガニスタンの社会的正義についての歌を作りつづけている。

2015/04/03

32枚の写真でつづる、復興するアフガニスタン

架け橋

2014年、一人のフォト・ジャーナリストが、急激な変化を遂げているアフガニスタンの首都、カブールに降り立った。彼は、アフガニスタンの今について、現地で撮った写真を織り交ぜながら語る。

2013/08/02

フォージア・クーフィ、アフガニスタン初の女性大統領となり得るか?

アフガニスタン次期大統領探しが始まった。昨秋、アフガニスタン独立選挙委員会(IEC)は、次回大統領選を2014年4月5日と決定した。有権者登録は先月末(訳注:2013年5月)に始まり、投票日2週間前まで続けられる。候補者はまだ出そろっていないが、立候補が取りざたされるうちの何人かは、すでに激しい論戦のまっただ中にいる。

2013/06/02

「女性はアフガニスタンを変える」 Noorjahan Akbar インタビュー

Noorjahan Akbar(22)はアフガニスタンの女性の人権に関わる活動家であり、多筆のブロガーでもある。 この10年間のアフガニスタンにおける女性の権利には多くの前向きな変化があったと考え、また、アフガニスタンの女性が自分たちの置かれている厳しい状況を主張する上で、ソーシャルメディアがとても効果的な手段だととらえている。

2013/03/08

ダンスで女権運動を-『ワン・ビリオン・ライジング』動画集

世界の全女性の3人に1人が、生涯のあいだに暴行やレイプなど何らかの暴力の被害に遭っている。 2013年2月14日、世界中で何千もの人々が、街頭群衆ダンスなどといった斬新なスタイルで、日常における暴力の根絶を訴えた。

2013/02/19

アフガニスタン初の3DCGアニメーション映画

「Buz-e-Chi」はヤギの家族と悪賢いオオカミにまつわる民話を基にした、アフガニスタン史上初の3DCGアニメーション映画だ。