See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 アフガニスタン

2018/11/06

アフガニスタン:少数派宗教の未来はいかに? シク教徒とヒンドゥー教徒

「とても悲しい! 国を去るときの彼らの悲しみと苦痛は想像に絶する。特に、まだ心の傷の癒えていないアーター・シンの家族はなおさらだろう」

2018/08/30

アフガニスタン:ソーシャルメディアの心を動かしたお母さん!

「今から20年後、今よりもっと良いアフガニスタンでこの写真をその子が見るだろう」

2018/07/19

祝 世界詩歌記念日ーペルシャからあなたの心に詩の直行便

架け橋

祝世界詩歌記念日。1000年以上も昔から、愛を歌ってきたペルシャの詩歌の伝統。その心は今も私たちの心をとらえて離さない。

2018/07/11

なぜ春はアフガニスタンに喜びと苦しみの両方をもたらすのか

ノウルーズおめでとう。今年が平和で調和のとれた年となり、また苦難の終わりの年となりますように。平和は必ずやってくる。誰もが固く信じている。

2018/06/09

アフガニスタン紛争による惨劇の真っただ中、地方で生まれた平和運動に注目が集まる

「座り込み抗議の目標はただ一つ。双方からの戦闘を止めることです。タリバンは爆破テロ犯を出すべきではないし、政府もタリバンに爆弾を落とすべきではないでしょう」

2017/10/18

アフガニスタン:今もなお強制結婚の犠牲になる少女たち

架け橋

アフガニスタンでは、家族間の争いごとの解決のため若い娘を嫁に出したり、生活のために娘を手放したりする「バード」や「バダル」と呼ばれる行為が日常的に行われている。2009年より違法となっているにも関わらず、少女たちは今も家族の犠牲になり続ける。

2017/10/17

最近の空爆による多数の市民の犠牲ーこれはトランプのアフガニスタン新戦略のいけにえか?

米軍のアフガニスタン空爆による市民の犠牲者は、国連によると、2017年前半で43%増加した。

2017/04/22

権力者の慰み者にされたアフガン少年たち:社会復帰の道は?

アフガンで今も続く少年性奴隷「バチャ・バジ」の悪習。話題に上がるのが遅すぎた感があるが、犠牲者を救う政治的手立てはまだこれからだ。

2016/03/08

厳しい議論を引き起こすアフガンでのファッションショー、より開かれた社会を目指して

若いモデルによるファッションショーがアフガニスタンの首都カブールで開かれた。称賛の声があがる一方、議論と非難も沸き起こっている。

2015/06/07

アフガニスタン人ラッパー 歌で児童婚を回避

ソニタ・アリザデはアメリカに住み、学校に通っている。アメリカの地で、アフガニスタンの社会的正義についての歌を作りつづけている。