See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

記事 シリア

2017/01/15

ISIL宣伝機関に立ち向かうネット市民の抵抗

GV アドボカシー

大企業と政府の試みと並行して、多くの独立機関と人々がISILのオンライン活動に対する戦いに尽力している。

2016/11/16

爆撃止まないアレッポにて、連日がれきから市民を救出する「ホワイトヘルメット」

爆撃の雨が降り注ぐアッレポで、連日爆撃現場に駆けつけ犠牲者を救出するボランティアの救援隊「ホワイトヘルメット」がいる。ある隊員は言う。「人が苦しんでいるのを見たら、その人を助けるために何かをせずにはいられない」

2016/10/18

シリア難民を救おうとする歯科学生の遺志は生き続ける​

歯学生のデア・バラカが射殺された後、アメリカの友人たちと家族はデアのシリア人避難民の歯科クリニックの夢を実現させた。

2016/08/31

『永久にたどり着けないかと思った』 あるシリア難民の乗ったギリシャ行きのボート

架け橋

「ブローカーたちがすべて嘘つきであり、人身売買で大儲けしているのを知っていた」。難民自身による本当の旅の話。

2016/08/18

シリア難民の実話 子ども向けの本に託したドイツ人作家の願い

ドイツが既に受け入れた100万人以上の難民の中には、シリアから来た多数の子どもたちがいる。その子どもたちと受け入れ国であるドイツの子どもたち双方に向けた、作家ボイエのメッセージとは。

2016/07/30

どのようにシリアや他国の難民を支援するか

架け橋

欧州難民危機を受けて、難民への対応や資金援助は、どうしたらいいのか?

2016/06/29

『母さん、僕の遺体が上がらなくても泣かないで』渡欧途上で亡くなったシリア難民4千人を悼む

地中海を横断中に亡くなったシリア難民への、世界中の関心を高めようという、ある人道支援組織の取り組みを紹介。彼らは「海上墓地」という映像を作って公開している。

2016/03/21

外国人戦闘員があふれ、英語やドイツ語が飛び交うシリアの町

シリアの町マンビジには、ISISに参加しようとする外国人戦闘員が続々と集まり、英語やドイツ語が頻繁に飛び交っている。

2016/02/09

地中海を渡る途中に命を落とした従兄弟を想って:シリア難民に捧げる詩

ゼナ・アガは、自作の詩の朗読により難民危機を訴え、人々が共感できる心の橋を築こうとしている。

2016/01/25

シリア:空爆直後のアレッポ、がれきの中で取材を続ける市民ジャーナリスト

シリアには、空爆直後のアレッポで取材を続ける市民ジャーナリストがいる。ラミ・ジャラー氏は、今日もがれきの中を駆け回り、市民の生の声を伝えるべく奮闘している。