記事 トルコ

シリア難民を救おうとする歯科学生の遺志は生き続ける​

歯学生のデア・バラカが射殺された後、アメリカの友人たちと家族はデアのシリア人避難民の歯科クリニックの夢を実現させた。

『永久にたどり着けないかと思った』 あるシリア難民の乗ったギリシャ行きのボート

「ブローカーたちがすべて嘘つきであり、人身売買で大儲けしているのを知っていた」。難民自身による本当の旅の話。

ユーゴスラビア:1950年代の反ベール法に関するドキュメンタリー

この法律は「イスラム女性が虐げられ時代に取り残されてきたことを示す古くからの象徴を廃絶する」ために導入された。

地中海を渡る途中に命を落とした従兄弟を想って:シリア難民に捧げる詩

ゼナ・アガは、自作の詩の朗読により難民危機を訴え、人々が共感できる心の橋を築こうとしている。

トルコから故郷へ帰ることを決めたシリア難民

難民が命からがらヨーロッパに渡るというニュースが毎日報道される中、トルコに亡命したシリア国籍のクルド人、シェリフは、再び故郷に戻ることを決意した。

トルコ:サンタクロースと文化遺産は建設業界の餌食になってしまうのか

建設産業に執心するトルコ政府は、観光収入を狙い国家の豊かな文化遺産をアピールしようと試みている。しかし実際には、歴史遺産を保護することよりも売り込むことに長けているようだ。

中東の恋人たちよ、共に立ち向かおう!

恋人同士の二人は、中東・北アフリカ諸国(MENA)で生まれた100のラブストーリーを収集・公開し、アラブ騒乱がもたらしたこれまでとは異なる社会変革を世界に知らせるために活動を行っている。

トルコ性的少数者たちの秘密の言葉

トルコでは、性的少数者たちが特別な秘密の言葉を使い、仕事上の会話を交わしている。その言葉とは?

「男女平等などあり得ない」 トルコ大統領が女性人権団体の活動を否定

トルコにおける女性に対する暴力は重大な問題であり、女性権利団体は長年にわたり活動してきた。 エルドアン大統領は女性に対する暴力撤廃の国際デーで、女性は「平等」であることよりも「同等」であることにフォーカスすべきである、と提案した。トルコ女性は現在も様々な暴力に苦しんでいるが、それとは別の意味で2014年は恐ろしい年になった。

世界の子守歌:あなたのお気に入りは?

子守歌は、赤ちゃんだけのものではなく、大人にとっても心地よいものです。 世界の子守歌を聞いてみませんか。