· 11月, 2021

記事 中央アジア・コーカサス from 11月, 2021

アゼルバイジャン:パンデミックがもたらす障がい者の厳しい現状

コロナによる規制が導入されて以降、公立のリハビリテーションセンターが閉鎖され、障がいを持つ人々は治療が受けられず、さらに障がい者年金受給ための手続きができないなどの不利益を被っている。

ナゴルノ・カラバフ紛争でアゼルバイジャンは変わるのか

アゼルバイジャン大統領イルハム・アリエフはナゴルノ・カラバフ戦争に勝利した後、国民から絶大な支持を得ているものの、同地域へのロシア平和維持軍の進駐が政局に不安をもたらしていると専門家は言う。

 タリバン政権下で苦境に追いやられるアフガニスタンの女性たち

タリバンがカブールを奪還した今、アフガニスタンは女性の権利を認めない社会に逆戻りしていった。先が見えない将来にも関わらず、アフガン女性たちは困難に挑戦していく。