記事 ベラルーシ

チェルノブイリの大惨事から35年、ウクライナとベラルーシの今

チェルノブイリの物語は、全般的に見ると地球環境のもろさと人間の活動が及ぼす脅威の象徴だが、ウクライナやベラルーシの数多くの住民にとっては、いまだに個人的な悲劇である。

ベラルーシで新たな市民文化が都会の中庭に生まれる 

ベラルーシ国民はこれ以上アレクサンドル・ルカシェンコの独裁を許さない。新たな社会を目指す活動は世界規模へと発展しつつある。

ベラルーシ出身の詩人が語る故国の混乱と抵抗の歴史

明らかになったベラルーシの最大の弱点......それは政府が国民のことをほとんど理解していないということ

原子力発電所の事故から31年、チェルノブイリに灯りがともる

ポーランドの冒険家たちが、原発事故後に立ち入り禁止となっているプリピャチの町の一角でライトアップを行った。

ベラルーシ人よ裸で働け(大統領命令)

ルカシェンコ大統領の命令に従い、ベラルーシのインターネットユーザーは職場で服を脱ぎ始めた。

「地球の皆さんおはようございます!」:宇宙からのツイート

国際宇宙ステーションに滞在中のカナダ人宇宙飛行士クリス・ハドフィールドが、見事な地球の写真を毎日ツイートしている。

ベラルーシ:教育におけるロマ差別

Roma Gypsy Romany Gypsyは、ベラルーシでロマが教育への機会を得るうえで今でもどのような差別を受けているのかを説明した記事を転載している。高校を卒業するロマはわずか2パーセントだ。