See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

· 8月, 2011

記事 西ヨーロッパ from 8月, 2011

2011/08/29

ノルウェーの殺人鬼へ-中国からの手紙

多くの中国人ネットユーザーにとって、Anders Behring Breivikがノルウェーで犯した残虐行為は理解しがたいものだった。彼らの目にはノルウェーは天国のように映る。人々は高水準の生活を送っており、生きる重圧を感じることはない。では、なぜあのようなことが起こったのだろうか?

2011/08/20

世界: 11-11-11に世界とあなたの生活を分かち合おう。

2011年の11月11日あなたは何をする予定でしょうか?11イレブンプロジェクトで、 その日を世界の人々と共有しましょう。 そして、国連のミレニアム開発目標達成に協力しましょう!

2011/08/16

イギリス:#RiotCleanupーロンドン、暴動の後始末の時?

土曜夜から、ロンドンやイギリスの他の地域でも起こった広範囲における略奪・暴動事件ののち、一般市民は現在、自分たちの街の復旧への道を模索している。火曜朝にはツイッター上のハッシュタグ#prayforlondonと #riotcleanupが、#londonriotsへのツイート数を追い越した。

2011/08/15

イギリス:炎上するロンドン(ビデオ映像)

2011年8月4日、ロンドン北部トッテナム地区で29歳の男性が警官に殺されたことに対する怒りは、人種間の緊張により高まり、そしてロンドン中のみならずイギリスの他の都市でも暴動と略奪に発展していった。

イギリス:ロンドン暴動の解釈

無政府状態の暴動や略奪がまた過ぎて、火曜の朝を迎えると、ロンドン中に破壊の波が押し寄せていた。地域の人々が損傷を修復し更なる混乱に備える中、国は今回の事件の全容を解明しようとしているが、事件は政治主導者、警察、そしてそのような人々が仕えるコミュニティの間の根深い緊張状態を浮き彫りにした。