記事 シンガポール

シンガポール:移民労働者の死刑執行を悲しむキャンドル集会 警察が参加者を捜査対象に

無実を訴えながらも死刑がまもなく執行される人のために開いた非暴力的な集会。それが「違法な集会」と見なされ警察の捜査対象になった。公共の秩序と集会の自由、それぞれの意義について再考すべき時ではないか。

シンガポール:毎年恒例のLGBTイベントで外国人を排除、バリケードも

今年のピンクドット開催にあたり課せられた新たな法律により、家族は離れ離れにさせられている。というのも、住民でない配偶者や親せきを持つシンガポール人は一緒にこのイベントに参加できないのだ。

ディズニー初の「ゲイ・モーメント」がマレーシアとシンガポールの宗教保守派を憤慨させる

シンガポールとマレーシアの宗教団体と国家検閲は、ディズニー映画「美女と野獣」の実写版リメイクが適切ではないとしている。映画に含まれる「ゲイ・モーメント」がその理由だ。

シンガポールの男性たちへ:ホワイトリボンキャンペーンで女性に対する暴力撲滅を強く訴える

「誰もが平等に扱われるべきだ! 強さとは力で支配をしたり攻撃することではない!」

高層ビルの窓拭きは誰の仕事? 香港政府の待遇改善策に雇用主側が反発

香港では家政婦が高層ビルの窓拭き中に転落死する事件が相次いでいる。高層ビルの窓掃除は誰の仕事なのか。

シンガポール:私たちの声を聞いて 外国人家事労働者の心の叫び

「私は心に傷を負い、おびえ、悲しみに暮れました。私は善意に基づいてシンガポールに働きに来ましたから、なぜひどい扱いを受けたのか理解できません」

カンボジア政府による「いきすぎた人権の行使」への警告動画、リビアとシンガポールの画像を混同

カンボジア政府が公開した人権についての動画が、平和的に人権を行使しようとする一般市民を威圧しているとして物議をかもしている。

シンガポール政府 コメの摂取制限を勧告 糖尿病との関連性示唆 

コメは、砂糖よりも糖尿病を引き起こす危険性が高いのだろうか。シンガポールで、コメ対砂糖の議論が沸騰している。

シンガポールは、都市か、国か?

シンガポールが独立国家として認識されている今、この質問は、ばかげていると思うかもしれない。しかし、シンガポールの法務大臣であるK・シャンムガム氏はシンガポールは都市として扱われるべきである、と述べた。この発言は、その後、インターネット上で論争を引き起こしていく。

シンガポール:午後10時半以降、公共の場での酒類の販売と飲酒を禁止

「飲酒行為に関する苦情が多く、酒類の販売規制はやむ終えない」とする政府。一方で、規制は過剰であり、外国人労働者に対する差別的な適用がみられるという声も多い。