12月, 2007

記事 from 12月, 2007

スーダン:テディベア騒動の余波

驚くほどのことではないが、1か月ほど前、スーダンのブロゴスフィアの主な話題と関心は、メディアから大きな注目を集めたテディベア騒動だった。

アルゼンチン:精神病院でManu Chao のコンサート

(ショートリンク)アルゼンチンの Travel Blog は、ブエノスアイレスの精神病院で患者たちが運営するLa Colifataというラジオ局がスポンサーとなり、Manu Chaoが開催したユニークなコンサートを観た。

キューバ:離婚率

(ショートリンク)Regalado [es]は、10組のうち6組が離婚で終わるという、キューバの離婚率について書いている。

ポーランド: ブットのトラクター不正取引事件

(ショートリンク)the beatrootは、ベナジル・ブットが関与したとされる1990年代のポーランドのウルスス(Ursus)社製トラクターの不正取引事件について書いている。「ベナジルは、パキスタンの貧しい農民を保護するためアワミトラクター計画を発案し、看板役であるDargal社のJens SchlegelmilchとDidier Plantinを通してトラクターの購入に際して7.15パーセントの仲介料を受け取っていたとされる。この2人はウルスス社製トラクターの供給に対し 196.9万ドルを受け取っていた。」

バングラデシュ:女性ブロガーと持参金問題

Nari Jibon のブロガーが、現在でもバングラデシュ社会の脅威である花嫁の持参金[En]について書いている。持参金は、結婚した女性への圧迫やさらには殺人を防ぐために1980年の持参金禁止法令によって処罰されるに値する罪とされたが、バングラデシュ各地でいまだひそかに行われている。

カザフスタン: カザフ語のラテン文字化に関する議論

カザフスタンは公用語をラテン文字表記に切り替えようとしている。この移行には12-15年を要すると発表された。adam_kesherが書いているように、この計画は多くの議論を呼んだ。特にロシアとカザフスタン国内のロシア語話者にとってラテン文字表記への移行は不利な動きだと考えられている。しかしブロガー達はその可能性に対してむしろ好意的である。

タジキスタン:議会、魔術に反対

タジキスタンは、魔術と占いに呪文をかけようとしている。実のところ、議会で次々と奇妙な法律が可決されるようなことがあると、これは多くのタジク人にとっては全く驚くことではない。

トリニダード・トバゴ:パーマカルチャー

(ショートリンク)My Chutney Garden の Sharon Millarによる、コンセプチュアル・アーティストでディープエコロジストのJohnny Stollmeyerとのインタビュー。

マダガスカル:ゾマ・マーケットの写真

(ショートリンク)Harinjakaは、マダガスカル・アンタナナリボのゾマ・マーケットの写真を掲載している。

パキスタン:ブットの死への反応

ベナジル・ブットの死は、パキスタンからそしてパキスタンについて書いている多くのブロガーに衝撃を与えた。